コラムをさがす

キーワード:

専門家が教えます!今こそコーヒーでの産み分けの信憑性を理解しよう!

『コーヒーで産み分けができる』という話を聞いたことがあるという方は多いと思います。この話、ただの迷信だと思っていませんか?

しかし、コーヒーが産み分けに関係しているということが最近の研究で明らかになったのです。ここではそんなコーヒーで行う産み分けについて本当のところをお話したいと思います。

コーヒーでの産み分け方法って?

先にお話しておくと、コーヒーが産み分けに関係するというお話ですが、この方法ではコーヒーに含まれるカフェインが重要となります。ですから、コーヒーが苦手という方は栄養ドリンクや紅茶などを飲むことでも代用できますので安心してください。

それでは、本題のコーヒーを産み分けに利用する方法をお伝えしたいと思います。その方法とは『父親となる男性がセックスの前50分~70分以内にコーヒーを摂取しておく』というもの。

すると、産まれてくる子供の性別は男の子になりやすいのです。
「女の子が産みたい場合はどうすればいいの?」
と思われる方もいらっしゃるかと思います。その場合は、父親となる男性はコーヒーの摂取をセックスの前に控えなければなりません。

その理由について、次で詳しく見ていくことにしましょう。

コーヒーが産み分けに関係する理由

08 コーヒーを摂取するというのは、一見産み分けに何も関係がなさそうですよね。ですが、そんな
一見関係がなさそうな習慣が精子の活動量を左右しているということが最近の研究で明らかになったのです。
なんと、カフェインを摂取すると、Y精子(男の子になる精子)の運動量が増加する一方でX精子(女の子になる精子)は動かなくなってしまうのです。

運動量が多い程、膣を潜り抜けて子宮に辿りつく時間は短くなりますし、卵子に最初に受精した精子だけが遺伝子を反映させることができますので、カフェインを摂取した場合は結果として男の子を妊娠できる可能性が高まることになるのです。

つまり、カフェインを多く含む食品の摂取は男の子の産み分けに有利に働くということになります。

ただし、そんな活動量の変化も時間制限があります。時間制限は、カフェイン摂取から50分~70分程度。つまり、カフェインを摂ってもセックスの前約1時間を過ぎてしまうと男の子を産み分けるのに優位な時間が終わってしまうということになるのです。

カフェインの効果を効果的に使用するには

カフェインの摂取だけで産み分けを行おうとすると、精子の活動量しか影響が与えられていないために不安だという方もいらっしゃると思います。

カフェインの効果を上手く利用するためには、タイミング法やタイミング法のメカニズムを上手く利用した産み分けゼリーを使用することがすすめられます。その方法と理由を下記に簡単にまとめました。

≪タイミング法≫

タイミング法は、それぞれの精子の酸性濃度耐性と寿命を上手く利用する方法です。女性の膣の状態は生理周期と合わせて弱酸性から弱アルカリ性に変化するということが分かっていますので、その周期に合わせてセックスをすることで産み分けを行うことができるのです。下図は精子の酸性濃度耐性と寿命、セックスのタイミングについてまとめたものです。 %e3%81%88%e3%81%88

つまり、男の子を産みたい場合には、Y精子は短命でアルカリ性に強いという性質がありますので、排卵日当日に膣の環境がアルカリ性になったときにセックスをして短期決戦に臨むことになります。

一方、女の子を産みたい場合にはX精子は長寿で酸性に強いという性質がありますので、排卵日の2日前などにセックスをしてX精子を子宮内部で潜伏させ、排卵と同時に受精させるという方法をとることになります。

≪産み分けゼリーを使う方法≫

産み分けゼリーを使った場合には、産み分けはタイミング法よりももっと単純になります。産み分けゼリーは女の子が産みたいときにはピンク色の酸性のオイル、男の子が産みたいときにはグリーンのアルカリ性のオイルを使うことになります。

使い方も単純でセックスの直前に膣に直接注入する形で使用します。粘性のある液体ですから、セックスが終わっても少しの時間膣内に留まりますので、ターゲットの精子だけを子宮に辿りつかせることができるのです。

それぞれの精子に適した膣内環境を保てるわけですから、タイミング法のように時期を見計らわなくても一定の効果があるのです。

産み分けゼリーが膣内の環境を一定に保ってくれるということについて、ほかにもメリットがあります。実は、産み分けにはセックスの内容もとても重要になるのですが、産み分けゼリーを使うとセックスの内容まであまり考えなくても良くなるのです。

というのも、
女性が興奮したときに分泌される膣分泌液には膣内環境をアルカリ性に傾けるという作用があるためタイミング法を行っている時には気をつけなければならないのです。
男の子を産みたいときには激しく、女の子を産みたいときにはあまり興奮させないように…。これは、言ってみると簡単そうですが、実際は結構難しく、上手く調節できているか不安を感じている方も多いようです。

そういった効果を反映してか、
タイミング法を単独で行うよりも産み分けゼリーを使用する方が、産み分けが成功する確率は高くなっています。
成功率はタイミング法の場合は7割弱程度、産み分けゼリーを使った産み分けでは7割~8割程度。
こういった成功率の高さや手間のかからなさなどから今日本国内で最も評判の産み分け方法になっています。

おわりに

ここでは、科学的にコーヒーが産み分けに効果があるという話から、併用して行いたい産み分け方法についてお話しました。母親がお肉を食べると男の子が産まれる、満月にセックスをすると男の子が産まれるといった数多くの迷信が飛び交う中、
『これは科学的に効果がある』とされたコーヒーでの産み分け方法には目から鱗という方も多いのではないでしょうか。

迷信だと思っていたことが迷信ではなかったというのは衝撃的ですよね。そんな方の中には『コーヒーのほかにも精子の活動量を変える習慣はあるの?』と気になっている方もいらっしゃると思います。

実はあるのです。下記の表にそれぞれ女の子を産み分けたいときと男の子を産み分けたいときに気をつけたい父親の習慣をまとめましたのでご覧ください。

ee

このように、精子はとても敏感で、熱や電磁波などでも活動量を変えてしまいます。熱に関してはお風呂やサウナだけではなく下着や暖房器具についても気をつけたいところですし、電磁波に関してはPCや携帯、TVなどにも注意しましょう。

『精子の活動量はある程度父親がセックスの前に行う行動で変化する』ということは、実は盲点となっていて産み分けの失敗に繋がっている方も少なくないようです。

現在、日本ではタイミング法や産み分けゼリーを使った産み分け方法が主流となっています。ですが、迷信だと思っていたものも、蓋を開けてみると理にかなった方法であるものもあるということは正しく理解をしておきたいですね。ぜひタイミング法や産み分けゼリーを使った産み分けなどの方法と併用して産み分けの成功率を高めていきましょう。
徹底比較!今話題の産み分けゼリー