産み分けゼリーに使われる保存料メチルパラベンやEDTA-2Naなどの安全性って?

赤ちゃんの手001
「産み分けゼリーを使いたいけど安全性に不安があって…。」という話はよく聞きます。
産み分けゼリーは膣に入れて使うものですから、「化学製品が入っていると身体に良くないのでは…。」と思っている方も多いでしょう。

そこで、今回は産み分けゼリーに使われている成分、「メチルパラベン」や「EDTA-2Na」の安全性についてお話していきたいと思います。

メチルパラベン

メチルパラベンは「パラオキシ安息香酸エステル」の略称です。
産み分けゼリーにも使用されるメチルパラベン。その用途や安全性について、詳しく見ていくことにしましょう。

メチルパラベンは何のために使われているの?

メチルパラベンは主に保存料として用いられています。
目薬などの医薬品や化粧品、食品で使用される防腐剤は一般的にパラペン類を使用していますが、中でもメチルパラベンは人への刺激が最も少ない優秀な保存料だと言われており、特に肌に直接つけて使用する化粧品への使用が最も多い保存料になります。

パラペンはこういった製品以外にもニンジンやトマト、オリーブ油や菜種油などの自然の作物にも含まれており、日常的に摂取している身近な物質だと言えます。

メチルパラベンの安全性は?

保存料と聞くと、「化学物質っぽいし、何だか身体に悪そう」と考える方もいるかと思いますが、実は半分以上が水でできている産み分けゼリーには必須の存在になります。

水は菌が繁殖しやすく、腐ってしまいやすいため、保存料が入っていないものを体内に入れる方が危険性は高くなってしまいます。

肌につける化粧品に多く使用されているパラベン類は、最も使用実績がある成分で、安全性や危険性に関する研究・実例データ類が一番揃っている保存料です。

具体的にどれくらい安全かと言いますと、
・急性毒性試験
・皮膚刺激性試験
・皮膚光完成試験
・がん原生試験
などの多くの生体内テストをすべてクリアしている実績があります。

実際、「メチルパラベンが原因で病気になってしまった」などという例は報告されていません。
「誰もが日常的に摂取していて体調不良を起こしていない」というのは、とても安心できる要素ですよね。

メチルパラべンの注意

最近化粧品などでは「パラベンフリー」という言葉を多く聞くため、危険な成分なんだと思う方も多いかもしれません。
しかしメチルパラベンはパラベンの中でも最も安全性が高いといわれていて、「アレルギー体質の方や敏感肌の方は化粧品などを選ぶ際にもメチルパラベンが使われているものを選ぶようにすると良い」とまでいわれています。

ただし、ごく稀に皮膚にかゆみなどアレルギーが起きてしまう可能性もあります。そういったアレルギーの可能性も、他の成分とあわせて使うことで避けることができ、製品にする際に気を配っているメーカーも多いようです。

また、現在メチルパラベンは「紫外線に当たることでシミやシワなどを作ってしまう作用がある」ことについて議論されている化学物質になります。
しかし、産み分けゼリーの場合は、使用時に紫外線にあたることはまずありませんので考えなくても良さそうですね。

EDTA-2Na

EDTA-2Naはエデト酸ナトリウム(またはエチレンジアミン四酢酸二ナトリウム)の略称です。
現在EDTA-2Naを使用した産み分けゼリーも市場に多く出回っています。その用途や安全性について詳しく見ていくことにしましょう。

EDTA-2Naは何のために使われているの?

EDTA-2Naもメチルパラベンと同様に食料品や化粧品の保存料として用いられています。

EDTA-2Naを配合する理由は、EDTA-2Naがもつ金属イオンを不活性化する働きにあります。
金属イオンを不活性化することで硬水を軟化させる調整剤になりますし、化粧水や石鹸などは濁った水に溶けた金属を不活性にすることで済んだ透明の見栄えがする製品を作ることができます。

そんなEDTA-2Naは保存料としても有能で、生育に金属が必要な菌を効果的に取り除く作用があるのです。多彩な用途があるEDTA-2Naは、価格が安価だということもあり多くの製品で保存料として使用しています。

EDTA-2Naの安全性は?

EDTA-2Naの安全性については、少々考えなければならないようです。その理由は2つあります。
1つめはEDTA-2Naは自然に分解されにくく蓄積しやすい化学物質だということです。分解には紫外線を長期間浴びる必要があり、排水等に混ざっていた場合は上水道を通しても分解されることはありません。

そんな分解されづらいEDTA-2Naですが、その上、身体に害のある重金属と強く結合(キレート)したがる傾向にあります。

日本では少量なら問題がないとされていますが、ヨーロッパでは一時期大量に使用し水質汚染につながってしまった過去があり、現在では使用が規制されている化学物質となっています。
2つめは重金属経由ではなくEDTA-2Na自体が身体に悪影響を与えてしまう可能性です。
皮膚を経由して吸収(経皮吸収)された場合、皮膚や粘膜を刺激し、アレルギーを誘発してしまうことがあるのです。

具体的には、皮膚が赤くなったりピリピリとした刺激や発疹が出てしまったりという症状が現れる可能性があるほか、喘息の方の場合は症状が悪化してしまうこともあります。

産み分けゼリーを考えている方へ

産み分けゼリーを選ぶために気を付けるべきこと、それは「ストレス」です。
メチルパラベンもEDTA-2Naも少量の使用では身体への影響はまったくと言っていいほどなく、そこまで気にする必要はありません。

こういった成分について、正しい知識を持つことは重要ですが、気にしすぎるあまり、かえってストレスになってしまっては元も子もありません。

日本で製造されている商品であればきちんとテストをクリアしています。
過度に気にしてはなにも出来なくなってしまうので、あまり気にし過ぎず可愛い赤ちゃんを授かっていただければ幸いです。