コラムをさがす

キーワード:

産み分け成功者が語る!産み分けゼリー選びの3つのポイント

毎日仕事や育児で忙しいという人や産み分けの成功率を上げたいという人が積極的に利用している産み分け用品、”産み分けゼリー”

しかし、いざ使おうと思うと、メーカーが違っていたり製造場所が違っていたりなどで、どの商品を選べば良いのかわからなくなってしまうものです。

そこで、『産み分けに成功するための産み分けゼリーの選び方』について、産み分け成功者の話を参考にまとめました。

1.産み分けゼリーを選ぶときには、まず安全性をチェック

産み分け成功者に産み分け用品を選ぶ際に最も気をつけたことを聞くと、みんな『安全性』だと口を揃えます。

産まれてくる赤ちゃんはとてもデリケートですので、何か害があるものを使われていたら大変だという意識を持っている親御さんが多いようです。

また、妊娠をするお母さんにしても、産み分けゼリーは膣錠などと同じように膣に直接注入して使うものですから、それが原因で不調や病気になってしまうことは避けたいところです。

安全性の高い産み分けゼリーを選ぶ方法

現在までに、
産み分けゼリーを使うことで赤ちゃんに障害が出てしまったという報告はありませんが、それでもなるべく化学製品を使っていないものや体に害がないものを選びたいものです。
安全性に気を配っている産み分けゼリーを選ぶためには、まずは産み分けゼリーに使われている成分を調べましょう。

国内メーカーのものですと成分表示がされていたり、自然由来の成分を使っていたりなど、安全性にも配慮がされています。

反対に、中国など海外からの輸入品には成分表示すらされていないものもあります。何が入っているのかわからないものを体内に入れるのはちょっと恐いですよね。

そういった事実もあってか、近年、日本では国内メーカーの産み分けゼリーを選ぶという人が大半を占めています。

2.”使い捨てタイプ”には3つのメリットが!

産み分けゼリーには
『注射器のようなスポイトにゼリーを入れてから膣内に注入するタイプ』
『使い捨て容器に入っていてそのまま使用できるタイプ』
かの2種類があります。使い捨て容器に入っているタイプは、詰め替えタイプと比較して少々コストが高くなってしまいますが、多くの方がすすめています。

その理由には、

・使い勝手の良さ

・管理のしやすさ

・安全性

の3点があげられます。それぞれ詳しく見ていくことにしましょう。

使い捨てタイプは使い勝手が良い?

産み分けゼリーを使うときには、どの商品も射精前の段階で膣に直接注入するかたちで使用します。そして、注入後は5~10分程度、ゼリーが膣内に馴染んで産み分けができる環境になるのを待ってから射精をすることになります。

この時、使い捨てタイプのものを使えば、容器を包装から出して膣へ入れて中身のゼリーを入れてあげるだけで済みますので、行程としては1~2分ですみます。

一方、詰め替えタイプのものは、スポイトの洗浄や消毒を行った後にゼリーを詰めることになりますし、使用後も保管のために熱湯での洗浄をしなければならず、使い捨てタイプよりも数倍手間がかかることになります。

成功者には、なるべく手間をかけたくないという理由やセックスの行為中に余計な時間をかけたくないという理由から、途中で詰め替え江タイプから使い捨てタイプに変えたという人もいます。

詰め替えタイプの産み分けゼリーの場合に使用する容器は産み分けゼリーとは別に料金がかかることが多く、
「最初からこっちにしていれば節約できたのに。」
とこぼしていたのが印象的でした。

管理のしやすさはどれくらい違う?

詰め替えタイプの産み分けゼリーには、複数回分をまとめて1つの容器に入れているものがあります。複数回分をまとめて1つの容器に入れているタイプの場合、衛生的にも不潔にならないように考えなければなりませんし、在庫の確認が面倒になります。

反対に使い捨てタイプのものですと、衛生面も在庫の確認も楽になります。産み分けをする場合にはセックスをするタイミングが限られていますし、妊娠活動が長期に及ぶことも考えられますので、残りのゼリーがどれだけあるのかはわかりやすい方がよいでしょう。

安全性に違いがあるの?

使い捨てタイプではない場合、容器を消毒せずに使ってしまいますと、膣内に雑菌が入ってしまいます。

通常時なら弱酸性の膣内環境によって、ある程度の菌は殺菌することができますが、濃厚なセックスをしている時や排卵日当日には免疫力が下がりやすく感染症にかかりやすくなると言われています。

それは、弱アルカリ性の膣分泌液が多く分泌されることで弱酸性の膣内環境が変化してしまい殺菌能力が減少してしまうためです。

膣内に侵入した雑菌は、最悪の場合膣内で繁殖してしまい膣炎になってしまう可能性があります。特に、
膣内を弱アルカリ性の環境にしたい『男の子の産み分け』を考えている場合には注意が必要になります。
一方、使い捨てタイプの産み分けゼリーは、個別包装になっていますので清潔なまますぐに使うことができます。雑菌が膣に入り込むリスクを回避することもできますし、消毒の手間がかからないのも魅力となっています。

3.産み分けゼリーの使い心地

baby-587921_1280_1

産み分けゼリーは商品を出しているメーカーによって使い心地が異なります。そこで、産み分け成功者から、産み分けゼリーを使用している時に困ったことと対策について聞きました。

ドロッと感が強いものの方が膣に留まりやすい!

産み分けゼリーを使用したときのお悩みで半数を占めたのが「膣に注入した後に出てきてしまう」ということです。せっかく産み分けゼリーによって産みたい性別の精子に合った膣内環境にしているのに、出てきてしまっては困りますよね。

対策としては、射精が終わるまでなるべく体制を変えないようにしたりお腹に力を入れないように気をつけたりということがあげられますが、もっと根本的な解決方法があります。

それが、膣から出てきにくい、粘性が高い産み分けゼリーを選ぶことです。粘性、つまりドロッとした感じにも差があるので選ぶ際には注意するようにしましょう。

中身だけじゃなく容器も大事!

産み分けゼリーを選ぶときには、中身のゼリーだけではなく容器についても気にかけると良いでしょう。産み分けゼリーを使うときには、膣内の浅めの部分ではなく奥の方まで容器を挿入した方が膣から出てきにくくなります。

ところが、その容器の長さも商品によって違ってきます。膣に溶け切っていない状態で外に出てくるのが嫌だという人は長めの容器を使用すると良いでしょう。

おすすめの産み分けゼリーについて知りたい!

産み分けゼリーは『赤ちゃんの性別が決まる科学的なメカニズム』を利用した方法なため、使用することで産み分けの成功率を上げることができます。

その成功率は、女の子の場合で70~80%、男の子の場合で81~91%だと言われており、現在のところ自然妊娠で最も産み分けの成功率が高い方法となっています。

ここでは、そんな産み分けゼリーの選び方のポイントについてお話しました。選ぶ基準は人それぞれでしょうが、産み分け成功者が経験したことや注意したことをまとめましたので、ぜひとも参考にしてみてください。

「ここまで情報を仕入れるのが大変!」という人のために

https://umiwakenet.com/feature

『男の子、女の子、自宅で簡単にできる産み分け方法「産み分けゼリー」各社の産み分けゼリーの効果、安全性、金額を徹底比較』 では、それぞれのメーカーから販売されている産み分けゼリーの比較をしていますので併せてご覧ください。
徹底比較!今話題の産み分けゼリー