簡単1分でOK♪忙しくてもできる高確率な産み分け方法

産み分けをしたいけど、いろいろ複雑で良くわからなかったり
手間だと感じていたりという方も多いのではないでしょうか。

ここではそんなお悩みを解決する産み分けの方法をお教えします。

産み分けの現状

産み分けとは、男の子や女の子など、欲しい赤ちゃんを”産み分ける”こと。

baby-girl-background-1382108373qjq-1024x682

ですが、1人目を無事に妊娠・出産すると、次にその子の兄弟になる赤ちゃんを考えると
「男の子2人兄弟って仲が良さそうでいいなぁ」
「男の子も女の子も育ててみたい」
という願望がムクムクと出てくるものです。
実際に、2人目の赤ちゃんの性別に希望があると言うお母さんお父さんは多く、 コンビタウンのアンケートによると、7割の方が「産まれてくる赤ちゃんの性別に希望がある」
答えています。

ここだけ抑えよう!産み分け方法

そんな願いを叶えるために行われる産み分けですが、その方法が複雑であったり
手間であったりという理由で『興味があるけど実践は出来ていない』という方も少なく
ありません。 そこで、ここでは産み分けの方法を簡潔にまとめました。

産み分けの本質は、、赤ちゃんを身籠る時に精子の種類を限定してあげる
ことになります。
これには、セックスをいつ行うかやどのようにするのかが大きく関係してきます。

それぞれ、女の子が欲しい時と男の子が欲しい時の産み分け方法をまとめたのが
下の表です。

1

どうしてセックスの仕方や日取りで赤ちゃんの性別が決まるの?

上記のようにまとめただけでは納得できないという方も多いことでしょう。

その理由は精子の寿命と酸性濃度(pH)耐性、膣の酸性濃度の変化にあります。

酸性濃度と言いますと、難しく感じてしまうかもしれませんが、理科の実験で『リトマス紙が赤になったら酸性、青になったらアルカリ性』という実験の記憶がある方も多いと思います。

膣の内部に満たされている粘液は、基本的には弱酸性ですが、排卵日やオーガニズムを感じた時にはアルカリ性の粘液が分泌されるため、膣の内部が中和されることになります。

難しいことを言っているようですが、『排卵があった時と性的な興奮があった時に分泌される膣分泌液の性質は普段とは違うのだ』ということだけご理解いただければOKです。

性別の遺伝子情報を持っている精子はX精子、Y精子と呼ばれています。
X精子は女の子、Y精子は男の子になります。

これらの精子の寿命と酸性濃度の耐性は次のようになります。

・X精子(♀):2~3日、酸性に強い
・Y精子(♂):24時間、アルカリ性に強い


卵子は排卵後6~8時間程度の寿命しかないと言われています。

ですから、X精子を受精させたいと思った時には、Y精子の寿命が尽きる1日以上前に、膣の状態が酸性の内にセックスをして、子宮で卵子を待ち受けるようにするのがベストです。

分かりやすくイメージするには下の図をご覧ください。
2 一方、男の子が欲しいという時には、Y精子が得意なアルカリ性の膣内環境になり速やかに受精が出来る排卵日当日を選択する必要があります。この時、X精子にはアルカリ性の膣内を泳ぐのは苦手ですので、子宮にはY精子だけがたどり着きやすくなります。

下図が男の子の場合のイメージです。
3 先程言いましたセックスを濃厚にするか淡白にするか、ということも膣の状態をアルカリ性にするか酸性にするかということになります。

そのため、男の子が欲しい時には排卵日当日に濃厚なセックスを、女の子が欲しい時には排卵日の2~3日前に淡白なセックスをするのが一般的に言われている産み分けの方法なのです。

手間なしの産み分け方法とは


産み分け方法についていろいろ書きましたが、
「結構手間がかかって実践するのは無理かな…」と思っている方も多いと思います。

1人目の時ならいざ知らず、2人目3人目になるとお子さんのお世話もしながらの妊娠活動になります。特に働いている女性が多い現代では、 「男の子(女の子)が欲しいけど、産み分けなんてしている余裕がない!」 というのが本音なのではないでしょうか。

gahag-0019180741-1
排卵日を予測するのには毎朝お布団の中で体温を測らなければいけませんし、忙しい朝にそんなにのんびりとしている時間があるという方はほんの一握りでしょう。

そんな方にお伝えしたい情報が、排卵日を気にせず、セックスの方法にも気をつけずに8割近い成功率を誇る産み分け方法です。
それが”産み分けゼリー”を使った産み分けの方法なのです。

産み分けゼリーは、人工的にX精子やY精子が好む膣内環境を作ることが出来る商品です。使い方は膣内に酸性濃度を整える液体を注入する形になります。

サプリメントのように服用する物でもありませんので不安な方もいるかと思いますが、膣内洗浄やタンポンと使い方は似ていて、細長い容器を膣に挿入してピストンを押すだけなので1分とかからずに産み分けの土壌を整えることが出来ます。

中に入っている液体は、クエン酸などの食用にも使われる無害な成分で、
赤ちゃんやお母さんにも何の害もないということも立証されています。

特集ページバナー3
この産み分けゼリーを使って産み分けをする場合には次のようなメリットとデメリットがあります。

メリット

・膣内の環境に自信が持てる。
・1分足らずで簡単に産み分けの対策が出来る。
・排卵日予測が必須ではないため、日常的な手間がかからない。

デメリット

・1回あたり1,000円~2,000円程度のコストがかかってしまう。

「どれくらい濡れていたらアルカリ性になっているのか(酸性のままなのか)分からない」 ということも、産み分けをしていく上での1つのネックです。
人工的に膣内環境を整えることが出来るということは,
この不安を拭い去るのにも効果的ですね。

baby-footprints-card-template-1367671150cpp

また、産み分けゼリーは膣内の酸性濃度をしっかり変えることが出来ますので、必ずしも排卵日の予測を行わなくても良くなるというのも大きな魅力です。

(もちろん、確実に産み分け・妊娠をするためには排卵日が分かる方が理想的です。)

デメリットに上げましたように、産み分けゼリーは1回につき1,000円~2,000円程度のコストがかかってしまいます。
先程抑えていただいた産み分け方法ではコストはかからないのですが、ちゃんと出来ているのかという不安はつきものです。

他にも人工受精を利用した産み分け方法などもありますが、1回につき2万~5万円を人工受精の費用に上乗せすることになりますし、渡米して産み分けをしようとすると500万円もかかってしまうこともあります。 それを考えると、産み分けゼリーはかなり安価で安心な産み分け方法だと言えます。

baby-boy-or-girl-1024x683
この産み分けゼリー、実はお医者さんも勧めるほど産み分けの成功率が高く、8割近くの方が成功している方法なのです。

そのため、忙しいけど産み分けをしたいと考えているお母さんに
とても人気があるのです。

産み分けをご検討中の皆様、一度試してみてはいかがでしょうか。

特集ページバナー3