コラムをさがす

キーワード:

中国式産み分けカレンダーの注意点についてみんなが誤解していること

産み分けとは

産み分けという言葉をご存知でしょうか。産み分けとは、女の子や男の子など『この性別の子供が欲しい』というときに親の生活習慣や性交渉などを工夫して目的の性別の子供を授かる方法です。

昨今では
『子供の性別を大人が勝手に決めるなんて』
という意見も耳にしますが、親が生まれてくる子供の性別に希望があるのは自然なことで、産み分けは世界中で昔からずっと行われてきたことでもあります。

そんな産み分けの歴史を紐解いてみると、面白い産み分け方法があります。それが、中国王室で行われてきた産み分け方法、中国式産み分けカレンダーを用いた産み分け方法です。

中国式産み分けカレンダーって?

中国式産み分けカレンダーとは、13世紀頃に中国で統計学に基づいて作成された子供の性別を産み分けるための占いのようなものです。下図が実際の中国式産み分けカレンダーになります。

%ef%bd%86%ef%bd%86%ef%bd%86%ef%bd%86

中国式産み分けカレンダーは、母親になる女性の数え年と受胎月(性交渉をした日)で見ていくことになります。この表で言いますと、縦軸が母親になる女性の数え年横軸が受胎月ですね。

それぞれ
青が男の子
ピンクが女の子
だということを示しています。

例えば、数え年で30になる方が10月に性交渉をした場合は女の子、11月にした場合は男の子がそれぞれ産まれるという結果になります。

間違えやすい!中国式産み分けカレンダーの注意するポイント

中国式産み分けカレンダーについて、インターネット上で情報が錯綜してしまっていることや分かりづらさが原因で、多くの方が勘違いや誤解をしてしまっているポイントがあります。そのポイントを下記にまとめましたのでご覧ください。

≪産み分けカレンダーの見方に関する誤解≫

・予定日ではなく受胎月で考える

・受胎月は旧暦で考える

・母親になる女性の数え年で考える

≪産み分けカレンダー自体に関する誤解≫

・人種によって当たる確率が変わる

・あくまでも統計に基づいた占い

これらのことについて、少し詳しく解説していきましょう。

≪産み分けカレンダーの見方に関する誤解≫

・予定日ではなく受胎月で考える

まず、中国式産み分けカレンダーの横軸、受胎月に関しての勘違いです。説明を読んでいればわかるとは思うのですが、子供の生まれの月や予定日で占ってしまう方がいらっしゃいます。

産み分けカレンダーは、
予定日ではなく受胎月で考えるのが正しいのです。
厳密にいうと、性交渉をしてから受胎するまでは数時間~3日くらいの期間があります。『どちらの日で見たら良いのだろう?』と悩む方も中にはいらっしゃるかと思いますが、古代中国では出産のメカニズムについてまだ分かっていなかったため、この占いには射精~受精のブランクの期間を考慮に入れられていないと考えてよいでしょう。

ですから、単純に性交渉をした日で見てください。

・旧暦で考える

古代中国は現代の日本とは異なる太陰暦を使っていたため、当然産み分けカレンダーを見る際にも旧暦の暦で考えなければなりません。古代中国での統計に基づいた結果がこの中国式産み分けカレンダーですので、新暦で考えてしまうと意味をなさないことになってしまいます。

それは、受胎月(横軸)に関しても母親の数え年(縦軸)に関しても同じです。

・母親になる女性の数え年で考える

実年齢でも数え年でもどちらでも良いという方もいらっしゃいますが、元々中国式産み分けカレンダーは数え年で考えられていました。数え年というのは生まれた年を1歳とし、お正月ごとに1歳年を重ねるという年齢の数え方です。

ここで注意したいのは、自分の誕生日もお正月も新暦での日にちなのだということです。中国式産み分けカレンダーを使用する場合には誕生日を旧暦に直し、旧正月で1歳年齢を重ねるという数え方をするのが正しい数え方になります。
特に1月や2月の上旬生まれの方は結果が大きく変わってしまいますので特に注意してください。

≪産み分けカレンダー自体に関する誤解≫

・人種によって当たる確率が変わる

産み分けカレンダーには、ブラジル式と中国式があります。これはそれぞれ人種の近い方の産み分けカレンダーを参考にした方が当たると言われています。例えば中国人がブラジルの産み分けカレンダーを使用したところでその結果は参考にならないということですね。

・あくまでも統計に基づいた占い

中国式産み分けカレンダーは、あくまで統計に基づいた占いです。
手相なども統計学に基づいているという話ですから、同じようなものだと考えてもいいでしょう。産み分けカレンダーは、統計的にぼんやりと『こういう性別が多いよね』ということを指しているだけで、産み分けに関する科学的な根拠は全くありません。

では肝心の当たる確率はと言いますと、数字を出しているサイトによって上下してしまい、正確なところは分かりません。しかし、的中率をアンケートしたサイトを5つ合わせて計算した結果、67.3%(28363人中19104人が当たったと回答)という数字を出すことができました。

産み分けカレンダーを使用する場合には、7割に満たない程度の的中率で外れてしまうこともあるという風に考えて使用するようにした方がいい
でしょうね。

まとめ

13

ここでは、中国式産み分けカレンダーの使い方と誤解されやすいポイントについてお話しました。多くの方が産み分けカレンダーを使用するときに間違えやすいのは、受胎月の考え方や受胎月や数え年を旧暦で見なければならないということです。

また、人種に合った産み分けカレンダーを使用した方が良いとされていることや統計と言う学問を用いているとはいえ一種の占いだと考えて使用することも重要になります。

しかし、中国式産み分けカレンダーは科学的な根拠はないものの、現代日本においても利用しないよりは利用した方が産み分けの成功率が上がっています。古代中国人の英知には頭が下がりますね。しかし、
占いのような不確かなものよりも科学的な裏付けがある方法の方が心強く感じてしまうのが現代人です。

『科学的根拠に基づいた産み分け方法は』と言いますと、膣内が酸性の状態かアルカリ性の状態かで産み分ける産み分け方法があります。それはタイミング法と呼ばれていて、性別が決まるメカニズムを上手く利用した方法になります。

ところが、タイミング法を行うには正確に女性の生理周期を把握しなければなりませんし、厳密に膣内の酸性濃度をコントロールしようと思うと体調管理やセックスの濃淡にまで気を配らなければならなくなります。

そんな時におすすめされるのが産み分けゼリーです。産み分けゼリーはタイミング法のように膣内の酸性濃度を人工的に調整することで目的の性別の精子だけを子宮へと通すことができるのです。

手間もかからず安価であること、産婦人科医からも推奨されるほどの安全性や成功率(女の子で7~8割、男の子で8割)で、最も人気の産み分け方法が、この産み分けゼリーを使った方法なのです。

まさに、現代科学が産んだ産み分けの英知ですね。中国の歴史が産んだ英知、中国式産み分けカレンダーと合わせて利用してみると心強いのではないでしょうか。
徹底比較!今話題の産み分けゼリー