コラムをさがす

キーワード:

4人目の赤ちゃん、今度こそ女の子(男の子)を!産み分け成功のコツ

4人目の赤ちゃんを考える時

4人目が産みたい理由と抱える不安

「次こそは」 と期待して産んだ子がまたもや男の子だった…。

「ずっと女の子を産んで一緒にお出かけしたりかわいいお洋服を着せたりしたいと思っていたのに、自分には男の子しか産めないのかも」
そう語るのは、3人の男の子を育てるお母さん。

これは、私のママ友の話ですが、同性のお子さんが3人も続くと、
「産まれてきてくれて嬉しいけど、女の子(男の子)じゃなくてがっかり…。」
とどうしても思ってしまいますよね。

そうして悩むのが
「もう一人頑張ってみようか」
ということです。

4人目を産む時のネック

しかし、経済的にも、体力的にも悩ましいのが4人目の子供。 男の子3人兄弟で日々子育てに奮闘しているお母さんは、特に
「もう1人男の子が増えてしまったら…。」
と考えると、背筋が寒くなるような思いをして女の子を産むことを諦めてしまうという方も少なくありません。

男女の性別を産み分ける方法

親が望む性別の赤ちゃんを産むことを”産み分け”と呼びます。
3人の赤ちゃんを出産されたことのある方は産み分けという言葉を聞いたことがある、または何らかの方法で挑戦したことがあるという方も多いでしょう。

日本では3人に1人のご夫婦が何らかの方法で実践しており、その成功率は7割程度だと言われています。

もっと確実に!産み分けのニーズ

「え、産み分けってこんなに成功率が低いの?」
という声も聞こえてきそうですね。

ママ友たちとの会話でよく聞くのが
「次が女の子(男の子)だとわかっていれば産みたい」
というお話です。
特に幼少期に向き合う時間が長いお母さんからしたら、体力的にも金銭的にもお子さんの性別は死活問題。もっと確実に産み分けを成功させたいというのは当然のニーズですよね。
そこで、ここでは成功率が高い産み分け方法とそれを成功させるコツをご紹介します。

その方法はきちんとした理論に基づいたもので、女の子の産み分けの成功確率は7~8割男の子の産み分けの成功確率は8~9割と産み分けを高確率で成功させることが出来るのです。

成功率が高い産み分け方法

赤ちゃんの性別が決まるメカニズム

まずは、産み分けの方法をご紹介するために、赤ちゃんの性別が決まるメカニズムからお話ししたいと思います。

赤ちゃんの性別が決まるのは、お母さんの卵子とお父さんの精子が受精する瞬間です。
性別の遺伝子情報は精子にあります。その染色体の違いからX精子とY精子と呼ばれていて、卵子にX精子が結びつけば女の子、Y精子が結びつけば男の子が産まれることになります。

産み分けの方法

赤ちゃんの性別が決まるメカニズムから、 受精する精子の種類をどちらか一方に絞ることが出来れば産み分けは可能だと言えます。

「そんな器用なことが出来るの?」
とお思いの方もいらっしゃることと思います。

あまり知られていませんが、実は産み分けをしていない方でも、子宮に入る精子の種類はどちらかに絞られていることもあるのです。
それは膣の環境と精子の特徴が大きく影響しています。
膣の環境は、排卵日当日や性的な興奮(オーガニズム)を感じた時には膣分泌液が分泌され、中性~アルカリ性を示します。それ以外の時には細菌などの侵入を防ぐために弱酸性になっています。

一方、精子はと言いますと、それぞれ得意な酸性濃度が異なっていて、X精子は酸性に強く、Y精子はアルカリ性に強いという特徴があります。
また、それ以外にも精子が持つ寿命は異なっていて、X精子は2~3日、Y精子は1日程度しか元気に泳ぐことが出来ないということもわかっています。

ですから、こういった寿命と酸性濃度の耐性から、時間差と膣内の酸性濃度を上手く利用することで子宮内に侵入する精子の種類をどちらか一方に絞ることが出来るのです。 具体的にどうすれば良いのかと言いますと、セックスの時期と仕方を工夫することが大事になります。次に女の子を産みたい場合と男の子を産みたい場合に分けて詳しく記述します。
<女の子を産みたい場合>
・排卵日の2~3日前に淡白な(お母さんの性的興奮が弱い)セックスをする。

女の子を産みたい時には、排卵日の2~3日前の膣内が酸性の時にセックスをするようにしましょう。

膣の状態が酸性ですと、Y精子が膣でブロックされてX精子のみが子宮に辿り着くことが出来ます。
また、万が一Y精子が膣を通過しても、排卵時にはY精子に寿命が訪れ、X精子だけが卵子と結びつくことが可能になるのです。

%e5%a5%b3%e3%81%ae%e5%ad%90

<男の子を産みたい場合>
・排卵日の当日に激しい(お母さんの性的興奮が強い)セックスをする。

Y精子を子宮に届かすためには膣内をアルカリ性にしなければなりません。また、Y精子の寿命が1日程度と短いことから排卵日当日にセックスをする必要があります。

膣内がアルカリ性に保たれていればX精子をブロックすることが出来ますのでY精子だけが子宮に辿り着きやすくなります。

%e7%94%b7%e3%81%ae%e5%ad%90

この産み分け方法を試してみたけどダメだったという方の問題点

この産み分け方法も、成功率は高いものの100%ではありません。 中には何度かこの産み分け方法を試してみたけどダメだったという方もいらっしゃることと思います。
そういった場合には

・排卵日の予測は適切だったか
・セックスの濃淡は適切だったか

ということを確認してみてください。

排卵日の予測は、毎朝の検温から周期を掴むことが出来ますが、女性の生理周期はストレスなどで簡単に変わってしまいますので不定期になりがちです。
妊娠活動を行っている方の多くは排卵日の把握に努めていますが、中々正確に当てられず悩んでいる方もいらっしゃいます。

セックスの濃淡については、膣分泌液どれくらいでという基準がないためにわかりづらく困惑されている方も多いです。
これらは、後で紹介する産み分けグッズを使うことで問題を解消することが出来ます。
それ以外にも、今まで産み分けに失敗してしまったという方は精子の他の特徴を見過ごしてしまっていた可能性があります。
下記に挙げるのはジンクスとして囁かれていますが、科学的に精子の運動量や数に変化があるということが検証されて事実だと認められているものですので、お父さんの日常生活を見直してみましょう。 %e5%9b%b3

こういった問題を取り除いてあげることが、産み分けの成功率を限りなく上げるためのコツなのです。

4人目の産み分けを成功させるために

先程挙げた排卵日やセックスの濃淡の問題を簡単に解決する方法をお話したいと思います。それが『産み分けゼリー』を使用することです。
産み分けゼリーは、膣の環境を人工的に酸性やアルカリ性に保つことが出来る商品です。
使い方はセックスの前に膣内に注入するだけ。どろりとした液体ですので、膣に長くとどまることが出来、確実に酸性濃度を保つことが出来ます。

人工的に、と言いましたので、
「体に負担があるんじゃないの?」
と不安に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、産み分けゼリーは体に無害の成分だけを使用していて、皮膚刺激性試験や急性経口毒性試験も問題なく突破し、仮に目に入ってしまっても大丈夫なほど安全な液体です。

排卵日やセックスの濃淡を気にせずに、確実に膣内の酸性濃度を変えられるので自信を持てますし、成功率もグンと上がりますよ。
最後のチャレンジになるかもしれない4人目。 だからこそ、万全の状態で産み分けに臨んで成功させたいですね。
徹底比較!今話題の産み分けゼリー