コラムをさがす

キーワード:

女の子が欲しい時こそ使いたい!産み分けゼリーの選び方4点

子供を産みたいと考えている方の中には”産み分け”という言葉を聞いたことがあるという方もいらっしゃると思います。産み分けとは、女の子や男の子が産みたい時にその性別の子供が出来るように子作りの際に工夫することです。

産み分け方法の中で、最も手間がかからず簡単にできると評判の産み分け方法があります。それが、“産み分けゼリー”を使った産み分け方法。ここでは、そんな産み分けゼリーについてや産み分けゼリーを選ぶ時のポイントについてお話していきます。

産み分けゼリーとは

産み分けゼリーとは

産み分けゼリーは自然妊娠で産み分けをする場合に使うことができる産み分け商品です。

産み分けゼリーは女の子用と男の子用に分かれていて、わかりやすく色分けがされています。 産み分けゼリーは科学的に
『どうやって性別が決まるのか』
ということを基に生み出された産み分け商品ですので、その効果も高く、医療機関で使用を勧められるという方も増えてきています。

産み分けゼリーの産み分け方法

産み分けゼリーがどのようにして産み分けを実現させているのかを知るために、まず簡単に子供の性別が決まる時について勉強しましょう。 子供の性別は、卵子と精子が子宮で結びついて受精卵となる時に決まります。

性別に関する遺伝子情報を持っているのは精子で、性別によってX精子とY精子に分別されます。卵子に受精する精子の種類がX精子だと女の子、Y精子だと男の子が産まれることになるのです。

産み分けゼリーが働くのはこの性別が決まる前の段階。子宮内に最初からターゲットの性別の精子しか入れないようにしているのです。

産み分けゼリーの産み分け方法

産み分けゼリーを使用すると、子宮内にはターゲットの性別の精子しか侵入できなくなります。その選別に大きく貢献しているのが精子の酸性濃度への耐性です。 “酸性濃度”は普段耳慣れない言葉ですが、酸性や中性、アルカリ性のような液体の性質のことです。

X精子とY精子の特徴は面白いように対になっていて、X精子の場合は酸性に強い耐性を持っているのに対してY精子はアルカリ性に耐性を持っています。反対に、X精子がアルカリ性の環境に置かれたりY精子が酸性の環境に置かれたりすると、精子はすぐに元気がなくなってしまうのです。

つまり、女の子を産みたいという時にはX精子に有利な酸性の環境に、男の子を産みたいという時にはアルカリ性の環境に女性器内を調節してあげれば良いのです。

産み分けゼリーはこの性質を利用し、女の子を産みたいという時には酸性のジェル、男の子を産みたい時にはアルカリ性のジェルを膣内に注入して、子宮内部にターゲット以外の精子を侵入させなくするのです。

産み分けゼリーがおすすめな理由

産み分けゼリーがおすすめな理由は、なんといっても性交渉の内容やタイミングを考慮しなくても良いという点にあります。
自然妊娠の場合の産み分けは、性交渉の頻度や濃淡、タイミングに左右されます。

それは、実は女性の膣では酸性濃度が目まぐるしく変化しているためです。 女の子を産みたいという時には、膣が酸性の状態である健康かつ排卵がない状態で淡白な性交渉が求められます。 反対に男の子を産みたいという時には排卵日当日に濃厚な性交渉をすることが望ましいとされています。(ストレスや疲労の蓄積でもアルカリ性に傾きます。)

産み分けゼリーの利点は、そういった膣の酸性濃度を考えなくても人工的に特定の性別の精子に適した環境を維持してくれるのです。
そのため、
産み分けゼリーを使うと産み分けの成功確率を1割程度跳ね上げることが可能になります。
産み分けゼリーを使用していない時の産み分けの成功確率は、男の子の場合で7割程度、女の子の場合で6割強ですから、1割も成功確率が上がるというのは魅力的なポイントです。

【写真】女の子が欲しいご夫婦に選ばれる産み分けゼリーって

産み分けをするときに難しいのは、実は女の子。それは排卵のタイミングを図ったり淡白にする具合の調節が男の子の産み分けよりも困難であることが原因とされています。それに、現代人にとってストレスや疲労を溜め込まないようにするというのは中々できることではありませんしね。
産み分けゼリーは女の子を産みたいという時にこそ使用したいところなのです。

産み分けゼリーを選ぶ時に気を付けたい4つのポイント

しかし、実際に産み分けゼリーを使って産み分けをしたいと思った時には、注意したいことがあります。 産み分けゼリーと一言で言ってもいくつかありますので、ユーザーがきちんと選ぶ必要があるのです。使うならちゃんとした製品を選びたいですよね。

そこで、産み分けゼリーを選ぶ時に気を付けるポイントをお教えします。

効果・成功確率

産み分けゼリーの効果や成功確率は、製品に依存します。当然、製品によって使用している材料や配合量が違うため酸性濃度やゼリーの粘性が変わってくるためです。
特に、女の子を産み分けたい時には膣内の酸性状態をいかに維持できるかが大事になります。
酸性状態の維持に大きくかかわるのが産み分けゼリーの内容量です。 ゼリーが少なすぎると膣全体を覆うことができないので効果が半減します。
個人差がありますが、3~6ml程度の量で膣全体が覆われると言われています。 安全面
産み分けゼリーを選ぶ上で最も意識したいのは安全面です。
産み分けをしたいと思っても、赤ちゃんやママの体に影響が出てしまうのは問題外ですよね。未だにそういった事故は起こっていませんが用心に越したことはありません。

産み分けゼリーによっては製品に含まれている成分を公開しているものとそうでないものがあります。身体に影響がないものや自然のものを中心に使用している製品もありますので調べてみましょう。公開している場合は、大抵製品サイトで見ることができます。
しかし残念ながら、
中国製など海外製品には成分表記がないものもあるようです。粗悪品には引っかからないようにしたいですね。

使いやすさ

産み分けゼリーを使用する方法は次の通りです。

1.タンポンのような容器を膣に挿入する。
2.ピストンを押して中のゼリーを押し出す。
3.容器を膣から引き抜く。

このように、産み分けゼリーは簡単に使用することができるのですが、製品によっては1の工程の前に、容器にゼリーを詰めるという作業をしなければならないことがあるのです。その容器は別売りで、毎回きちんと洗って消毒をする必要があります。そうなってくると手間ですよね。

そこで衛生面でも簡易さでもおすすめなのが、1~3の工程だけでできる『使い捨てタイプ』のもの。もともと容器に入っていますので、1分程度で産み分けの準備が完了してしまいますし、雑菌が入ってしまって性病になってしまうという心配もありません。

お求めやすさ

産み分けゼリーは、医療機関で購入することもできる場合がありますが、大抵はインターネットで購入することになります。その際、海外製のものは取り寄せるのに時間がかかってしまうことも。
また、
輸送分の価格が入ってしまいますので注意が必要です。
価格については、長期的に続けられるものを選ぶようにしましょう。産み分けは数回の性交渉では妊娠自体しないこともあります。1本の単価を抑えるためには、徳用パックや定期便が便利です。

産み分けゼリーの選び方のまとめ

03 産み分けゼリーは科学的な根拠に基づく産み分け商品で、簡単に産み分けができるほか、成功確率を上げるためにも有用です。

特に、女の子の場合の自然妊娠の産み分け成功確率は男の子の場合と比べて1割も低いため、女の子を産みたいという時こそ産み分けゼリーを使用していただきたいところです。

そんな産み分けゼリーを選ぶ際の確認ポイントは、


・粘度・内容量
・成分表示
・使い捨て容器に産み分けゼリーが入っているか
・すぐに商品が手に入るか/長期的に続けられるか
の4点。
産み分けをしたいけど悩んでいるという方、産み分けゼリーの選び方に迷っているという方の参考に。
徹底比較!今話題の産み分けゼリー