コラムをさがす

キーワード:

3人兄弟、同じ性別になるのはどうして?産み分け成功のコツとは

3人兄弟の性別

3人目を考えている時、
「これがもう最後だから、今度こそ女の子(男の子)が欲しい」
と考える方は多いですよね。

このように親が望みの性別の赤ちゃんを産もうとすることを産み分けと言い、2010年のコンビタウンでのアンケートでは3人に1人は何らかの方法で行っていると答えています。
産み分けは1人目よりも2人目3人目…と後になるに連れ希望する方が増えてきます。
「最後の子供になるかもしれないから1人くらいは希望する性別の子を」
と思って行動するご両親は多いようです。

ですが、気になるのは3人兄弟、3人姉妹というご家庭が多いということ。 ママ友同士でも、
「3度目の正直で女の子が欲しかったけど、やっぱり男の子だった」
という話は良く聞きます。

実際のところ、兄弟の性別の内訳はどのような形が多いのでしょうか。
下図は同アンケートで、兄弟の性別の分布を表したものです。

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%88

男3人兄弟が飛びぬけて多く30%となっているのが目につきますね。 ですが、
「やっぱり男3人兄弟の家は多いんだ…」
と諦めるのはまだ早いです。

次に見ていただきたいのが男・男・女の兄弟が15%になっているところです。 他の兄弟分布はどれも同程度の数ですから、ちょっと突出しているように感じられますね。

このアンケートを受けた方の3人に1人は、先程言ったように産み分けをしていますので、その成果の可能性が高いです。

そこで、ここでは
「3人目の性別を今度こそ変えたい」
と望んでいる方へ、その成功のコツをお教えします。

なんでうちの子はみんな同じ性別なの?

1人目2人目と男の子(女の子)が続いた時に疑問になるのが、
「なんでうちの子はみんな同じ性別なの?」
ということではないでしょうか。

その理由を考える時、キーになるのが
「年子は同じ性別になる」
というジンクスです。

これはジンクスで、何の根拠もないのだろうと考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は違います。
産まれてくる赤ちゃんの性別を決めるために重要になってくるのはお母さんの膣内環境とお父さんの日常生活、そして性交渉だということが分かっており、あまり空けずに妊娠すると膣内環境や日常生活が変わることもなく、結果として同性になる確率が高くなるのではないかと言われているのです。
これは年子でなくても同じことが言えます。今まで女の子(男の子)が産まれやすい生活を送っていて、その生活に何の変化もなければ何年ブランクがあったとしても自然と産まれてくる赤ちゃんも女の子(男の子)になりやすいと考えられます。

産み分け成功のコツ

今までと違う性別の赤ちゃんが欲しいと思っているのでしたら、お母さんの膣内環境やお父さんの日常生活を変える必要があります。

その変え方を次にまとめました。

お母さんの膣内環境を今までと変える

お母さんの膣内環境で大事なのは酸性濃度(pH)です。 女の子が産みたい時には弱酸性の状態に、男の子が生みたい時にはアルカリ性の状態にする必要があります。

この酸性濃度を左右するのは、膣内の分泌される膣分泌液です。 通常の膣では弱酸性の状態ですが、膣分泌液が分泌されることでアルカリ性に変化していきます。

そのため、アルカリ性の環境にして男の子が生みたいという場合には膣分泌液が多い排卵日や性的な興奮を与えるような性交渉をすることが重要になります。

%e5%9b%b3

お父さんの日常生活を今までと変える

性別を決めるのは精子です。 精子は射精の頻度で男の子になる精子と女の子になる精子の数が変わってきますし、お父さんの日常の過ごし方で運動量が変わってくることが知られています。

そのため、産み分けはお父さんの頑張り具合で成功率が変わってくると言っても過言ではありません。

まだまだ精子の特徴にはわかっていないこともあるのですが、科学的に実証されているものを次にまとめましたのでご覧ください。

%e5%9b%b3%ef%bc%92

産み分けのために日常生活を変えることで起こる問題

お父さんの日常生活を変え、性交渉の方法を変えてお母さんの膣内環境を整えることが出来れば、産み分けの確率は7割以上の確率で可能になります。 しかし、中々一度ついた習慣を変えるのは難しいですし、神経質になりすぎると夫婦間でギスギスしてしまう、ということも大いにあります。
お母さんに
「コーヒーは控えてって言ったよね?」
などと詰め寄られると、いくら女の子が欲しいと思っていても

「なんで自分ばかり我慢しなきゃいけないんだ!」
とお父さんも思ってしまいます。

少しご覧いただきたいのが、両親のどちらが希望する性別があるのかというアンケートです。
%e5%9b%b33
お母さんの実に86%もの方が希望していて、お父さんが希望している場合は55%という数字になっています。
このように、お母さんとお父さんの間では希望する性別の有無も全く異なってきます。産み分けに関して温度差があるのも当然ですよね。

41%の2人共通して産みたい性別がある場合には一緒に頑張ればよいのですが、45%のお母さんはこの温度差に悩んでしまうことになります。

産み分けの環境を整えるのに手っ取り早い方法は?

基本的に育てる時につきっきりになるお母さんですから希望する性別があるというのは当然のことだと言えます。 ですが、産み分けに関してお父さんの理解や協力があるのとないのとでは産み分けの効果には雲泥の差がついてしまいます。

『産み分け≪日常生活』というお父さんの意識を変えるためにはどうすれば良いのでしょうか。

それには次のような解決方法があります。

・しっかりと夫婦間で話をすること
・兄弟になる子供にお願いしてもらうこと
・義母や義父を巻き込んで説得してもらうこと

しかし、ただでさえ手間がかかる産み分け。 賛同を得るまでにお母さんが疲れ切ってしまうこともあるでしょう。
そこで手っ取り早く今までと環境を変える手段をお教えしたいと思います。 それが『産み分けゼリー』を使った産み分け方法です。

産み分けゼリーはドロッとしたオイルのような液体で、それぞれ男の子が欲しいときと女の子が欲しい時に使用するものがあります。
使い方は、性交渉の前に膣内にタンポンのように挿入して、オイルを膣内に出すだけなので1分とかからずに膣内の環境を変えることが出来るのです。

男の子用の産み分けゼリーには男の子が産まれやすくなるアルカリ性の液体が、女の子用の産み分けゼリーには女の子が産まれやすくなる酸性の液体が入っています。

お母さんの膣内の環境を欲しい性別の赤ちゃんが産まれやすい環境に簡単に変えることが出来ますので、お父さんの協力があまり得られなくて悩んでいるという方でも産み分けを成功させることが出来ます。
驚くべきことに、この膣内の環境を変えて性交渉をする日にちを調整するだけで8割の方が産み分けに成功しているのです。
「最後の最後に女の子(男の子)が欲しい!」 と思っている方、チャレンジしてみる価値は十分にありますよ。
徹底比較!今話題の産み分けゼリー