コラムをさがす

キーワード:

「焦り」が関係!?女の子の産み分け成功率が男の子より低い理由

「産み分けで女の子を」と願っている方の中には、女の子の産み分けは男の子よりも成功率が低いという話を聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

ここでは、その理由について詳しくお話していきたいと思います。

男の子と女の子の産み分け成功率

産み分けの成功率は、産み分けをする方法によっても性別によっても変わってきます。その確率はサイトや情報源によってまちまちですので確かなことは言いづらいのですが、自然妊娠で最も産み分けができる確率が高いと言われている病院で行っている産み分け方法での確率で比べてみることにしましょう。

病院で行う産み分け方法のポイント

病院で行われている産み分け方法のポイントは次のとおりです。

・基礎体温と超音波検査や血液検査、尿検査などから排卵日を予測し、排卵日2日前をドクターが指定し、セックスを行うよう指導を受ける(女の子の場合)

・あっさりとした、女性がオーガニズムを感じないセックスをする

このように病院では排卵日の予測とセックスについての指導を受けることになります。その理由は女の子になる精子と男の子になる精子の寿命や得意な環境と膣の状態が関係しています。

①排卵日2日前にセックスを行う理由

男の子になる精子は24時間くらいで寿命を迎えますが、女の子になる精子は3日くらい生きます。そのため排卵があったときには膣に女の子になる精子しか受精ができる精子がいない状態になる『排卵日2日前』というのが大事になります。

②あっさりとした、女性がオーガニズムを感じないセックスをする理由

また、排卵日以外で性的な興奮を受けていない状態の健康な女性の膣では、免疫のために弱酸性の状態になっています。この弱酸性という環境に男の子になる精子が入り込むとどんどん弱っていってしまいます。

反対に女の子になる精子は弱酸性の環境に強い性質がありますので、子宮まで辿りつくことができます。オーガニズムを感じるような性的に興奮するようなセックスをしたり排卵日当日にセックスをしたりすると、アルカリ性の膣分泌液が分泌されることになります。

その膣分泌液によって膣内の酸性濃度が中和されてしまうと男の子になる精子も子宮まで辿りつきやすくなってしまいます。

③産み分けゼリーがすすめられる理由

病院では弱酸性の濃度を保つために、よく産み分けゼリーというセックスのときに使う潤滑油のようなものの使用がすすめられています。

産み分けゼリーは食用の素材を効果的に配合しているため、安全に膣内の濃度を産み分けしたい性別の精子に合わせることができます。

①②の産み分けをより確実にするために補助のような形で使用すると考えてください。

病院で行う産み分け方法の成功率

病院で行われている産み分け方法での成功率は次のとおりです。

・男の子:約81%

・女の子:約73%

このように、男の子と女の子の成功率には10%程度の開きが出てきてしまいます。ほかの産み分け方法に関して調べてみても、数字に違いはあるものの、全て女の子の方が確率は低くなってしまっています。

その理由は一体なぜなのでしょうか。

女の子の産み分け成功率が低い理由

女の子の産み分け成功率の方が低くなってしまうのは次のような理由があげられます。

・排卵日予測が難しい

・セックス中の失敗

・妊娠しづらい

こういったことから焦りが生じ、ストレスを感じてしまって生理周期が乱れてしまったり産み分けを断念してしまったりということも成功率を下げる要因となっています。

それぞれの理由について詳しく見ていくことにしましょう。

排卵日予測が難しい

女性の生理周期は疲労が溜まっていたり過度にストレスを感じていたり、栄養不足や睡眠不足などでも簡単にずれてしまうこともあります。
生理不順になってしまいやすい方には特にこの『排卵日2日前』というのがネックになってしまうでしょう。

また、自宅にいながら病院で行うような産み分けをしたいときには毎朝の基礎体温測定や排卵検査薬などから排卵予定日を割り出すことになります。この方法では多少のずれが生じてしまったり、その手間からついなおざりになってしまったりということもあります。
女の子の産み分けの場合には、排卵日が予測した日よりも早かった場合には男の子になる精子が生きている可能性が上がり、遅かった場合には女の子になる精子も寿命を迎えてしまっている可能性があります。
そのため、排卵日を正確に行うことが求められるのですが、なかなか困難に感じている方は多いようです。
産み分けが長期戦になると、焦ってしまい排卵日の予測ミスをしてしまうということもあります。
気をつけましょう。

セックス中の失敗

女の子を産み分けたいときには、あっさりとしたセックスをして女性がオーガニズムを感じないようにすることが重要になります。
ですが、なるべくあっさりを心がけていても人によっては膣分泌液が多く分泌されてしまうという方もいます。また、長期間の産み分けはパートナーにも負担を強いることになります。もし理解が足りていない場合ですと実践が難しくなってしまうでしょう。

また、産み分けゼリーを使う場合は、膣内に注入してから5分程度なじませる必要があります。そのなじませる時間が待てないという場合には、膣内の環境が精子に合った環境になっていないこともありますので注意しましょう。

妊娠しづらい

『排卵日2日前の性交』は、実は妊娠の確率が低下してしまうと言われています。
女の子になる精子は2~3日の寿命ですが、その寿命を迎える前に卵子に潜り込むほどの元気がなくなってしまっていたり亡くなってしまったりする精子も多くなります。つまり、”精子の鮮度が低くなる”ということですね。

こうして、中々妊娠しないことから焦りを感じてしまうという方も多いです。

女の子の産み分け成功率に焦りが関係!?

産み分けは意外と手間がかかる上に長期戦になります。

そのため、焦りからストレスを溜めてしまうという方も少なくありません。しかし、そんなストレスをあまり感じすぎてしまいますと、女性の生理周期が乱れてしまう恐れもあります。そうなると、排卵日の予測が余計に難しくなってしまい失敗してしまうということも。

妊娠のタイミング自体が人によりますし、産み分けをしていると妊娠までに数が月~数年かかってしまうこともあります。産み分けをする場合はそのことも念頭に置いてなるべくストレスがないようにすることが大事なのです。

まとめ

baby-18966_1280_1

女の子の産み分けの成功率は男の子と比べて10%程度低くなっています。

女の子の産み分けは、その方法からどうしても妊娠する確率自体が低くなってしまいます。そうして産み分けが長期戦となってしまいやすく、ストレスを感じてしまうことも。過度なストレスは生理周期を変えてしまうこともありますので無理のない産み分けを行うように心がけましょう。

排卵日予測を病院にお任せしたり、産み分けゼリーで膣の環境を調整したりすると産み分けの負担を減らすことができますのでおすすめです。
また、焦りからミスを起こしてしまったり産み分け自体諦めてしまったりということも女の子の産み分け成功率が低い理由としてあげられます。
実際に女の子の産み分けをされていた方のお話を伺うと、
「1年くらいずっと妊娠が出来なかったから自然に任せた途端男の子を妊娠した」
という方もいらっしゃいます。高齢の場合や早めに赤ちゃんを産みたいというときには、産み分けの前に
「本当に女の子じゃなきゃダメなのか」
ということや妊娠活動期間についてもきちんと考えておくようにしましょう。
徹底比較!今話題の産み分けゼリー