コラムをさがす

キーワード:

産み分け成功者が教える。女の子を産み分けるために注意したこと

産み分けについて、インターネットで調べているとたくさんの情報に溢れています。

しかし、実際に行って成功をした人の話というと、意外と少ないものです。そこで、ここでは女の子の産み分けに成功した3人の人たちにお話を伺いました。注意すべきポイントもまとめましたのでご覧ください。

女の子の産み分けに成功した人たちの体験談

まずは、実際に産み分けを行った加藤さん(35歳)、鈴木さん(31歳)、高橋さん(27歳)の話を聞いてみましょう。

― どのように産み分けをしましたか。

鈴木:まずは、排卵日を予測してする日を決めましたね。2日前っていうやつです。(セックスの内容は)すごく軽いかんじでしました。
加藤:私も同じです。ただ、夫にコーヒー飲まないでもらったりとか占いしたりとかもしました。
鈴木:占いですか?
加藤:そうです。産み分けカレンダーって言って、この月にエッチすると女の子になるよっていうやつです。
鈴木:やっぱりできることは後悔がないようにやりつくしますよね(笑)
加藤:ですね。高橋さんはどうだったんですか。
高橋:私も同じように排卵日の予測をして、淡白なエッチをしていたんですけど、途中から産み分けゼリーを使っていました。
鈴木:産み分けゼリーって膣に入れて使うやつですよね。
高橋:それです。なんか、排卵予測とか途中で不安になってきてしまって。
加藤:わかります。毎朝(基礎)体温測っていたんですけど、それも意外とずれるとか言う話で。
高橋:いろいろインターネットで調べていたら、それで失敗してしまうとか言う話もあって。
加藤:不安になりますよね。うちも神経とがらせていました。
鈴木:産み分けゼリー、興味はあったんですよね。ただ、排卵日の2日前に使わないとダメなんじゃなかったですか?
高橋:使うのは2日前ですよ。でも、酸性(女の子になる精子が強くて男の子になる精子が弱い環境)になるから、多少ずれても失敗を予防するような効果があるだろうって思って。
加藤:そうですか。やっぱりカギは排卵日の2日前になるんですね。
鈴木:私は基礎体温と一緒に排卵検査薬使っていましたよ。
加藤:あ、それも悩んだんですよね。ただ、排卵日の2日前くらいからしか反応がでないから、出てからじゃ遅いだろって思って。
鈴木:確かに。でも、反応が出てからは絶対にしないようにしていたので。少なくとも排卵日当日にエッチして失敗、みたいなのは防げるだろうと思って。生理周期もきちんとわかりますし。
加藤:なるほど!それは確かに使えそうですね。
鈴木:ほぼ(周期は)一定でしたけどね。
加藤:安定していたから女の子が産めたのかもしれないですね。
高橋:こういう道具に頼るのは、お金はかかりますけど安心感がありますよね。病院とかは行かなかったんですか?
鈴木:病院って?
高橋:排卵日を検査して予測してくれるらしいですよ。
鈴木:へー。ただ、ちょっと敷居が高そうな感じがしますね。
加藤:友達が病院で産み分けしていたんですけど、血液検査をして排卵日の当日にまた行って超音波検査したみたいですよ。
鈴木:すごい!超音波検査ってエコーみたいな感じなんですかね?それなら排卵があったかどうか確実にわかりそう。
高橋:鈴木さん、知っていたら病院に通っていそうですね。
鈴木:どうですかね。頻繁に行かなきゃっていうのを考えると、家で全部完結できる方がいいかなー。

― 成功したポイントは何だったと思いますか。

鈴木:ポイント、ですか。
加藤:セックスのときに淡白にするのって、難しくなかったですか?
鈴木:たしかに。今思うとどれくらい軽めにしてよいかもわからないのによくできたな、とは思いますね。
加藤:全く濡れていない状態ですぐに射精、って感じじゃないですか?
鈴木:それ、すごいですね。
加藤:一人で高めてもらったら意外とできますよ。
鈴木・高橋::なるほど~
加藤:逆に、2人はどうされていたんですか?
鈴木:私の場合は、前儀で頑張って、入れてからは携帯いじっていましたね。
加藤:それは…。なんか微妙な空気になりそうですね。
鈴木:たしかに。でも、これインターネットで載っていたんですよ。
高橋:考えた人がすごい。
鈴木:そうですよね。
高橋:私は、産み分けゼリーだったのであんまり考えていなかったです。
加藤:じゃあ、普通にしていたんですか?
高橋:うーん…。でも、まぁ、私も前儀で頑張って入れている時間は短めにはしましたけど。
鈴木:産み分けゼリーって、最初から(膣に)入れているんでしたっけ?すぐ出てきたりしません?
高橋:すぐじゃないですよ。途中というか、(ペニスを)入れる5分前くらいです。
加藤・鈴木:5分前って(笑) 加藤:計算していたんですね。
高橋:そうですね(笑)なんか、なじむまでにちょっと時間がかかるらしくって。
加藤:その5分の間にゼリー出てきたりはしなかったんですか?
高橋:じっとしていましたからね。
鈴木:それもなんか微妙な空気になりそう(笑)
高橋:たしかに。最初は笑ってしまってお腹に力を入れないようにするのが大変でした。
鈴木:それ、待ち時間のうちに旦那さん萎えちゃったりしません?
高橋:最初は、待ちながらも口とか手とかでしていたんですけどね。仰向けで寝そべっていると結構疲れちゃって…。
鈴木:ですよね。
高橋:それで、結局は(ペニスを入れるまで)自分でしてもらっていました(笑)
加藤:自分で、だったらちょうどよい加減とかもわかりますもんね。

― 生活は変わりましたか。

stroller-915928_1280_1

鈴木:それは、変わりますよね。
加藤:ですね。うちは男の子が2人いたから、待望の女の子という感じで。
高橋:そうなんですか。私の場合ははじめての子でしたので参考にならないかもしれませんね。
加藤:そんなことないですよ。でも、1人目でよく産み分けをしようと思いましたね。
高橋:女の子しか考えられなかったので(笑)
加藤:男の子もかわいいですけど、女の子の方が育てやすいって言いますしね。今、実感しているところですが。
鈴木:ですね。うちは2人目だったんですけど、全然熱とか出ないしよく寝てくれるから楽です。まぁ、個性で違うんでしょうけど。
加藤:喋るのも歩くのも早くてびっくりしました。
鈴木:でも、一番うれしいのは女の子の服がかわいいことだったりして。
加藤・高橋::わかります~!
高橋:全然量とか違いますもんね。
鈴木:ですよね。
高橋:一緒に買い物行ったり、料理とか作ったりするのがずっと夢で。
鈴木:わかります!そうなるように育てていかなきゃですよね。

女の子の産み分けで注意すべきポイントまとめ

産み分けに成功した人たちの話をもとに、女の子の産み分けで注意すべきポイントをまとめてみました。

排卵日2日前の予測が大事

まず、排卵日を予測することが大事になります。
これには、2つの理由がありまず。1つめは女の子になる精子は男の子になる精子よりも寿命が長いことがあげられます。女の子になる精子は2~3日の寿命がありますが、男の子になる精子は1日程度しか寿命がないのです。

2つめには、膣内の環境も、排卵日の前には女の子になる精子が得意な弱酸性になっており、排卵日当日になると弱アルカリ性に傾いていきます。弱酸性の状態は男の子になる精子が苦手とする酸性濃度ですので、これにより産み分けができることになります。

そのため、排卵日予測が産み分けの成功の鍵だと言えます。

その方法は、自宅で基礎体温を測ったり排卵検査薬を使って検査したりする方法のほかに、病院で検査をする方法もあります。

セックスを淡白にする工夫を

次に、セックスを淡白にすることが重要です。
この理由は、女性が性的な興奮を感じたときに分泌される膣内分泌液が関係しています。このお膣内分泌液は弱アルカリ性ですので、大量に分泌されると排卵日の2日前でも膣内環境が弱アルカリ性に傾いていってしまうのです。

セックスを淡白にするには工夫が重要になります。射精の直前に挿入をしてもらうなど、工夫をするようにするとよいでしょう。

工夫については、産み分けに成功した人たちの話を参考にしてみてください。

しかし、パートナーに協力してもらいにくかったり、淡白なセックスに自信がなかったりするときには、産み分けゼリーを使うことも一つの手段です。

産み分けゼリーを使うことで人工的に膣内環境を弱酸性に整えることができますので、産み分けの成功率を上げることができるのです。事実、産み分けゼリーを使った人の5人中4人は産み分けに成功しています。

産み分けゼリーには、排卵日やセックスの内容についての失敗をカバーするような役割も期待できますので、産み分けの心強いパートナーとなるでしょう。
徹底比較!今話題の産み分けゼリー