コラムをさがす

キーワード:

女の子を産み分けるための注意点は、ママじゃなくてパパにあった

赤ちゃんが欲しい。その中でも女の子が欲しい!赤ちゃんの性別が産み分けられたらなと思った事はありませんか?

そんな貴方はこの記事を読んで下さい。参考になる事間違いなしです!

赤ちゃんの性別ってどうやって決まるの?

精子の染色体はX染色体とY染色体があり、受精する際の精子の染色体によって男の子か女の子かが決まります。

卵子は染色体がX染色体のみなので受精する精子がX染色体を持っていたら受精卵はXX染色体となって産まれて来る赤ちゃんは女の子になります。
精子がY染色体の場合はXY染色体の受精卵となり男の子を妊娠します。 この事から
卵子ではなく精子が持つ染色体によってどちらかが決まるので希望の精子を受精させる事が産み分けには重要な事となります。

男の子の産み分け方法はどうすれば良いの?

男の子を産むためにはY染色体を持っている精子を受精させなくてはなりません。

その為にはY染色体を持つ精子の特徴を知らなければ産み分ける事は出来ません。
男の子になる精子は寿命が短く1日程度ですが女の子の精子より元気で活発に動き回ります。

1射精あたりの男の子精子の割合は多く女の子精子の約2倍の数がいます。 ただ酸性に弱く膣内の入り口付近が雑菌から守る為酸性になっていてそこで殆どが力尽きてしまいます。

男の子を産み分けるには膣内の奥の方で射精をするか根本的な射精時の精子の量を増やす方法が手っ取り早いです。

しかしもっと確実なのは膣内を酸性からアルカリ性に近づける事です。
これは女性が気持ち良くなると分泌液が出てアルカリ性にドンドン近づきます。 その為性交渉の際に愛撫を長くしっかり行い十分に女性が気持ち良くなってから挿入をして挿入後もより長く性交渉をして最後に最奥での射精をする事が必要です。

女の子を産み分けるにはどうしたら良いの?

04

女の子を産み分ける為にはX染色体の精子を受精させなくてはいけません。
X染色体の特徴は寿命が男の子精子よりも長く2~3日程生きています。

女の子精子は一見すると元気がない様にみえますが動きがゆっくりなだけで元気です。
女の子精子は1射精あたりの数は少ないですが酸性に強く寿命も長いのでゆっくり時間をかけて卵子まで辿り着きます。

この事から性交渉のタイミングとしてベストなのは排卵日にアルカリ性に近づくので排卵日2日程前が良いです。

このタイミングで性交渉を行えば排卵日当日に女の子精子が膣内に多く残り女の子が受精する確率がグンと上がります。
性交渉の頻度も男の子の時よりも回数を多くしてY染色体が少ない状態での射精が確率アップのカギです。
性交渉の数が多くこなせない場合は体外での射精を数回行った後に膣内射精をして下さい。 性交渉自体も気をつけて頂く事が有り男性は女性の身体には極力触れずに即挿入をして素早く膣内射精を行って下さい。

女性を愛撫したりする事で膣内がアルカリ性に近づくため男の子のY染色体が受精する確率が上がってしまいます。 先に男性自身で勃起をさせて女性は仰向けで足を閉じた状態で膣内に挿入し即射精をする事が女の子を産み分けるには非常に重要です。

女の子の産み分けをするとなると男性は嫌がります

男性は性交渉が好きな人が多く女性に触らずに挿入後即射精するということは、性交渉を楽しむのではなく妊娠の(女の子を産み分ける)為だけに性交渉をしているようで嫌がります。
せっかく「女の子が欲しいね」と産み分けを始めても喧嘩になってしまうご夫婦が意外と多いのです。

これが男性が産み分け法を拒否する理由1位となります。 女の子を妊娠するために二人で頑張ろって言ってはじめたのに最終的に喧嘩になって幸せな家庭を築く為の産み分け法なのに本末転倒な事態になりかねません。

もっと他に簡単な方法はないの?

産み分けゼリーという商品を使う方法があります。

これを膣内に注入して今まで通りの性交渉をするだけの簡単な方法です。
女性にも痛みや違和感もなく、男性も特に制限や我慢の必要がありません。

1回2000円以下の費用安全性も高く産婦人科は恥ずかしい人や簡単で仲良く産み分け法を行いたい方にはオススメの方法です。
どの方法が良いか迷っているあなた、まずは簡単で安全な産み分けゼリーを試してみてはいかがですか?
徹底比較!今話題の産み分けゼリー