コラムをさがす

キーワード:

男の子を産み分けるための注意点は、パパじゃなくてママにあった

もうそろそろ赤ちゃんが欲しいな、と思うと同時に、生まれてくる子の性別が気になりませんか。

子供は授かりものだとは言え、「男の子がほしい」「女の子がほしい」という希望は、どんな人にでもありますよね。

例えば、男の子が欲しいと思った場合、男児が授かるようにコントロールしてやることを、男の子の「産み分け」と言います。最近は産み分けの認知度も高まり、巷にはたくさんの情報が流れるようになりました。

ところが、男の子の産み分けに関しては、多くの情報は男性側に偏っており、女性側が注目すべきものは不足しています。この記事では、男の子の産み分け方法をおさらいしながら、女性側が注意し取り組んでいくことを、今一度確認していきたいと思います。

産み分けの基礎の基礎。産み分けをする前に知っておくべきこと

胎児の性別を決めるのは

赤ちゃんの性別は、卵子に受精をする精子の種類によって決まります。 精子には、X染色体をもったX精子、Y染色体をもったY精子という、2種類が存在します。これに対し、卵子はX染色体を持つもののみが存在します。

胎児の性染色体は、精子と卵子から1本ずつ渡されます。男の子の赤ちゃんが欲しい場合、Y精子が卵子に受精する、つまり、胎児の性染色体がXYになるようにしてやれば良いのです。

X/Y精子の特徴

無題

産み分けでは、これらの特徴を利用して、どちらかの精子が受精しやすいようにコントロールをしてやります。

染色体が受精しやすいようにするには

写真2 公園で遊ぶ男の子_1

男の子の産み分け方法として、よく目にする情報は、主に以下の4つです。

①排卵日にセックスをする

②セックスをする前に、精子の数を増やしておく

③女性が感じやすい(オーガニズムに達しやすい)セックスをする

④なるべく深く挿入してから射精する

排卵日にセックスをする

膣内は、通常は酸性に保たれており、排卵日に最もその度数が弱まります。
この原理を利用して、排卵日にセックスをすることで、酸に弱いY精子が子宮に到達しやすくなります。
また、
数日間の寿命を持つX精子と違い、Y精子はとても短命です。精子が元気なうちに受精が出来るよう、排卵日当日にセックスをすることが重要です。

セックスをする前に、精子の数を増やしておく

Y精子の多くは、酸性に保たれている膣内の中では死んでしまいます。そこで、男性は性行為前に最低でも5日間禁欲をし、精子中のY精子の数を増やしてやる必要があります。

女性が感じやすい(オーガニズムに達しやすい)セックスをする

Y精子を子宮に届けるには、膣内の酸性度数が低いことが条件です。セックスの際、女性が快感を感じ、オーガニズムに達すると、膣内でアルカリ性の子宮頚管粘液が分泌され、酸が中和されます。男性は、なるべく女性が感じるような濃厚なセックスを心がけましょう。

なるべく深く挿入し、射精する

Y精子が酸に負けずに子宮に到達するために、男性は、射精の際はなるべく深く挿入するようにしましょう。また、子宮の入り口の付近は、アルカリ性の子宮頚管粘液が分泌されているので、深い位置での射精は、Y精子にとって有利な環境を作り出します。

男の子を産み分けるキーポイントは、排卵日のママの膣内環境にある

これらの情報を見ていて、何か、気づくことはありませんか。
そう、いずれの産み分け方法も、「ママの膣内の酸性の度数が低い(または、アルカリ性である)」ということが大前提になっています。

注目したいのが、いくらパパが精子の数を増やし、濃厚なセックスを心がけても、ママの膣内環境がY精子に適さないものであれば、男の子が産まれる確率は下がるということです。 つまり、男の子の産み分けにおいて、本当に注意すべきなのは、排卵日当日のママがの体が男の子を授かりやすい体になっているか、という点です。

膣内環境を変えるために、産み分けゼリーを使う

ママの膣内環境をアルカリ性に傾け、男の子が出来やすい状態に持っていくことが出来る最も簡単な方法が、「産み分けゼリー」です。

ゼリーを注入するだけで、膣内を簡単にアルカリ性に

産み分けゼリーとは、セックスの前にママの膣に注入するだけで、膣内を酸性・アルカリ性に傾けてくれる優れものの産み分けグッズです。 ゼリーには以下の2種類があります。男の子の産み分けを希望する場合は、ボーイを使いましょう。

◯ガール:膣内を酸性に調節し、女の子を出来やすくする

◯ボーイ:膣内をアルカリ性に調節し、男の子を出来やすくする

簡単3ステップで産み分け。しかも、インターネットで購入が可能。

産み分けゼリーを使うことの最大のメリットは、初心者でも簡単に扱え、また、インターネットで購入が可能なことです。 ゼリーの使用方法は、メーカーによって多少異なりますが、

①産み分けゼリーのキャップを開ける

②膣内に注入する

③5分待つ

と、非常にお手軽です。

メーカーのホームページ、もしくはインターネット小売店でも販売されているので、病院に買いに行く時間がない方や、万が一排卵日が迫ってきた頃に買い忘れていた場合でも、すぐに注文することが出来ますね。

産み分けゼリーは、こんな方法と併用しよう

産み分けゼリーは、排卵日を目安にして使っていく産み分けグッズです。 こんな方法と併用することで、排卵日を推測し、ゼリーの効果を更に引き出しましょう。

基礎体温表

写真3 基礎体温表_1

排卵日を予測するために、基礎体温表はとても有効なツールです。

しかし、正確に記録をしていても、排卵日がズレてしまえば意味がありません。 実際、女性の排卵は、卵巣機能の低下やホルモンのアンバランスによって、予定日通りに起こらなかったり、排卵自体が起きないことがあります。

こういった事態を防ぐために、まずは日々の生活スタイルを整えて、きちんとした周期で排卵が起こるようにしましょう。

また、病院によっては排卵日の特定をしてくれるところもあるので、医療機関に頼るというのも一つの手です。

如何でしょうか。女性の方は、これを読んで、今後の産み分けの準備にぜひ役立ててください。
男性も、「何もしなくて良い」というわけではありません。ご紹介した男性側の注意点に気をつけて、今後も一緒に産み分けを行っていきましょう。
パパ、ママ、どちらかに負担が偏ることのないよう、夫婦でよく理解し合って協力していきましょうね。
徹底比較!今話題の産み分けゼリー