コラムをさがす

キーワード:

産み分け成功者が教える。男の子を産み分けるために注意したこと

産み分けはたくさんの情報に溢れていますが、実際に行って成功をした人の話というと、意外と触れる機会はありません。

そこで、男の子の産み分けに成功した3人の人たちにお話を伺いました。注意すべきポイントもまとめましたので参考にしてみてください。

男の子の産み分けに成功した人たちの体験談

まずは、実際に産み分けを行った木下さん(37歳)、森さん(31歳)、谷口さん(28歳)の話を聞いてみましょう。

― どのように産み分けをしましたか。

森:私は排卵日当日に(セックス)しました。
谷口:あ、私もです。結構濃いめのエッチがいいって聞いて。
木下:私もですけど、その上で産み分けゼリーを使っていました。
森:産み分けゼリー、私も迷ったんですよね。
谷口:インターネットで見ましたけど、実際はどうなんですか?
木下:セックスの濃さとかあまり考えなくてもよくて気が楽でしたよ。
谷口:へー。確かに、どれくらい濃厚にすればいいっていうのが分からないから難しいですよね。
木下:そうなんですよね。あと、私の場合は結構ジンクスとかも結構したりしていました。
谷口:あ、お肉を食べればいいとかのやつですか?
木下:それはしていなかったですけど、(セックスをする前に)主人にコーヒーを飲んでもらっていました。
谷口:それ、ジンクスじゃなくて本当らしいですよ。
木下:そうなんですか?
谷口:そうそう。産み分けを成功させたかったから、赤ちゃんの雑誌とかインターネットとかですっごく調べたんですけど、産み分けをしているお医者さんが”この産み分けは本当””この産み分けはウソ”みたいなのを書いてあるのがあったんですよ。
森:すごい。ほかにはあるんですか?
谷口:お肉を食べるっていうのはウソらしいですけど、(男の子の産み分けでは)男の人がコーヒーを飲んだり、電磁波を浴びないようにしたり、セックスの頻度を減らしたりするといいっていうのは本当らしいですよ。
木下:そうだったんですか。
森:知っていたらやっていましたね。
谷口:射精自体は、産み分けをしていたら減るから、コーヒー飲んだり、TVを見すぎないようにさせていました。
木下:産み分けって男の人も大事なんですね。

― 成功したポイントは何だったと思いますか。

谷口:男の子の産み分けって、意外と簡単だって言いますよね。
木下:ですよね。成功率も高いですし。
森:強いて言うなら、セックスの濃さと排卵日の予測じゃないですか?
谷口:確かに。それでみんなちゃんと男の子産まれたんですもんね。
森:排卵日の予測ってどうしていました?病院ですか?
谷口:いや、私は基礎体温を測って排卵検査薬を使っていました。
木下:私は病院で検査してもらっていましたよ。排卵検査薬を使うのもいいかなって思ったんですけど。
谷口:病院の検査って、結構気になっていたんですよね。どうでした?
木下:安心感は違いましたよ。ちょっと通うのが大変でしたけど。
森:実際の検査って何をするんですか?
木下:最初のときは、基礎体温を測って記録した紙を持って行って血液検査してもらって、『今大体この変だから、次の排卵日は何日』みたいなのをお医者さんに教えてもらって。次の排卵日の予定日の辺で超音波検査してもらいました。
森:そうなんですね。何回も行くのは結構大変そうですね。
木下:私は他の子供も幼稚園に入っちゃっているからできましたけど、働いていたり他の子供が小さかったりすると時間をとるのが難しいですよね。
森:確かに。
谷口:よくできましたね。
木下:年齢的にも、絶対失敗できないって思っていましたからね(笑)
森:私は基礎体温だけなんですが、それを聞くとよく成功できたなって思いますね。
谷口:(基礎体温の計測は)結構ずれるって話を聞くと焦りますよね。

― 生活は変わりましたか。

木下:よくわからないですけど、多分、変わっているんじゃないでしょうか。
谷口:子供が1人増えるんですもんね。
森:今、1歳7か月なんですけど、『ママ―』ってギュッとしてくるところとかたまらないですよね。『ママ大好き』みたいな。
谷口:わかります!
森:あと、思いがけないことをやっちゃう感じが笑えます。
谷口:確かに。ティッシュを鼻に突っ込んで飛ばして遊んだりしていましたね。
森:何それ(笑)かわいいですね。
木下:女の子もかわいいですけど、やっぱりお姉さんっぽいというか。どう見られているかを意識している気がするんですよね。男の子は、その辺緩いですからさらにかわいいというか。
谷口:(男の子が)産まれてから、家庭が明るくなって楽しくなったような気がしますよね。
木下:ね。もうはじめての男の子だから主人が特に喜んで。
森:旦那さんが産み分けしたいって言っていたんですか?
木下:私、産み分けした子で4人目なんですけど。
森・谷口::4人目!?
木下:はい(笑)上3人が女の子で。主人は1人目のときからずっと『男の子がいい』って言っていましたから。産み分けする方法があるよっていうのを教えたのは私ですけど。
谷口:すごいですね。でも、旦那さんが産み分けにも協力してくれそうでいいですね。
木下:そうですね。実は、3人目のときには産み分けに失敗していて。
森:それで病院に行ったりしていたんですね。慎重になりますよね。
木下:そうそう。やれることは全部やって、最後一回だけ頑張ってみようと思って。
森:なるほど。うちは(夫が)最初乗り気じゃなくて。2人目も女の子でもいいじゃない、みたいな。
谷口:そうですよね。基礎体温測っているときとか、我関せずって感じだったりしますよね。
森:そうなんですよね。やっぱり、妊活(妊娠活動)自体、一人で出来ることじゃないじゃないですか。夫に協力してもらうのが1番最初の難関だったりしますよね(笑)
木下:エッチのときだけで言うと、産み分けゼリーを使っていたらあんまり関係ないって言いますけどね。
森:そうなんですか?
木下:ちゃんと馴染んでいれば、膣をアルカリ性にできるんで、そんなに頑張ってもらわなくても平気なのはいいですよ。
森:なるほど。『仕事で疲れているから』ってしぶられたこともありますけど、それだったら『軽くでもいいから』とか言ってお願いできそうですね。

男の子の産み分けで注意すべきポイントまとめ

child-862775_1280_1

産み分けに成功した人たちの話をもとに、男の子の産み分けで注意すべきポイントをまとめてみました。

排卵日の予測が大事

排卵日当日には、膣の環境が弱アルカリ性に傾くため、男の子になる精子に適した環境になります。

女の子になる精子は弱アルカリ性が苦手ですので、産み分けができることになります。
排卵予測の方法には、基礎体温を測る方法もありますが、正確性に欠けることや毎朝の検温が難しいという問題があります。
自宅で生理周期を把握するためには排卵検査薬を使うという手段もあります。こちらは、メーカーにもよりますが、排卵の48時間前くらいから排卵があることが分かるというものです。

そのため、排卵検査薬は男の子の産み分けには強い味方となるようです。そのほかにも、病院を利用することで、より正確に排卵日を予測をすることができます。

セックスの濃度が大事

女性がオーガニズムを感じた時には、弱アルカリ性の膣分泌液が大量に分泌されます。
そのため、男の子の産み分けに効果的だということが分かっています。排卵日当日にセックスをしていれば膣内は弱アルカリ性になっていますが、排卵予測が正確でなかった場合には、セックスを激しくすることによって失敗を予防することができます。

しかし、セックスの濃度をどれくらいにすればよいのかということは、その人やコンディションによって変わってくることになります。

そのため、上手く弱アルカリ性になっているのかと不安を覚えてしまうという人も少なくありません。そのようなときには、産み分けゼリーを使うとよいでしょう。
セックスのときに直接膣に注入して使いますので、膣内の酸性濃度を完全に弱アルカリ性に保つことができます。

夫にも協力してもらいましょう

お話を聞いた中にもありましたが、
産み分けは女性が一人で一生懸命頑張るというのはとても大変なことです。
セックスが2人でする行為だというのもありますが、基礎体温にしても排卵検査薬を使うにしても、朝の忙しい時間を使うことになりますので、夫の協力があるのとないのでは『持続できるかどうか』が変わってきます。

また、精子の状態を決めるのも夫になります。
どうしても協力の要請が難しいというときには、森さんが言っていたように産み分けゼリーを使ってお願いをしてみるというのも一つの手段になるでしょう。
徹底比較!今話題の産み分けゼリー