コラムをさがす

キーワード:

体外受精での産み分けを成功させるコツ

赤ちゃんの性別を産み分けられたらなと思う事ってありますよね。 その方法はすごく沢山あるのはご存知ですか?

今回はその中から体外受精での産み分けを成功させるコツと共にメリットとデメリット等もご紹介していきます!

体外受精とは?

体外受精と聞いても何となくは分かっていても、具体的にはあまり分かっていない方も多いですよね。 まずは、簡単に体外受精についての説明をします。

体外受精の基本は医療機関で行いますので医療機関へ通う事となります。 体外受精の方法は女性の子宮から卵子を採取して、字の如く体の外で卵子と精子を受精させ、再度女性の子宮へ戻す事を体外受精と言います。

体外受精でも大きく分けて2種類の方法が有ります

体外受精の多くは専用培養容器へ女性の子宮より採取した卵子をいれて、その培養容器へ精子を振りかける様にして受精をさせます。

不妊治療などで言われる体外受精の方法は、殆どがこの培養容器に精子をかける方法と思って頂いて良いです。

他の体外受精の方法は専任培養士が受精しやすい精子を1つ選定して、顕微鏡を使って子宮より採取した卵子に精子を注入して受精させ子宮に戻す方法です。
こちらの方法は専任の培養士が顕微鏡で直接卵子へ精子を注入する為、受精の確率が非常に高い方法となります。
体外受精と言っても色々な方法がある事を知って下さい。

産み分けをするという事は?

産み分けをする為には精子の染色体が非常に重要なのです! 精子の染色体がY染色体なのか、X染色体なのかで男の子なのか、女の子なのかが決まります。

卵子が持っている染色体はX染色体のみですので、受精した際にX染色体と受精したのか、Y染色体の精子と受精したのかで、XX受精卵、XY受精卵となります。 XX染色体の受精卵であれば女の子が産まれて、XY染色体の受精卵ですと男の子が産まれて来るという事です。
産み分ける為には精子の染色体が非常に重要な事が分かりますね。

体外受精で産み分けを成功させるには?

体外受精での産み分けをする為には子宮へ戻す前の受精卵を遺伝子検査する事が必要となります。
着床前診断という方法で授精してから、8細胞まで細胞分裂が進んだ段階で診断が可能となります。 この段階で着床前診断をする事で、受精卵が持つ性染色体がXXなのかXYなのか診断出来ます。

この事から着床前診断をしたら、確実に希望の性別の受精が可能となります。 どうしても女の子が欲しい等、確実に希望の性別が欲しい場合には着床前診断を行えば確実に希望の性別の赤ちゃんが出産可能です。

体外受精で産み分けをする際の注意点

ただ、注意点があります!
現在の日本では体外受精による産み分け(着床前診断)は、日本産産婦人科学会で禁止されています。
特別な遺伝子疾患や習慣性流産の可能性がある患者さんのみに着床前診断が許されています。 着床前診断をする為には医療者が全ての事例毎に日本産婦人科学会へ申請をして、許可を得なければならないとされ結構ハードルは高いです。

それも、受精卵となった段階で新たな生命は誕生しているので希望と違う場合は誕生した生命を無くしてしまうという事になり、倫理観点よりも禁止となります。

日本で産み分け目的として着床前診断を行った場合には、非常に厳しい処分として日本産婦人科学会より除名等の処分が行われます。

体外受精では産み分けは今はもうできないの?

残念ながら日本国内では難しいです。というより日本では無理です。 しかしながら、方法は有ります。
海外では着床前診断での産み分けが禁止されていない国もあるからです。
海外での体外受精の治療で受精卵を着床前診断して希望の性別の受精卵を子宮へ戻せば、体外受精での確実な産み分けは可能です! ただ、海外での体外受精となると、渡航費や滞在費、治療費、検査費用等様々な費用が掛かります。

また、日本での体外受精に比べ、非常に高額な費用が必要となります。 例えば、アメリカで体外受精を行う場合スムーズに治療が終わって500万円程掛かります。

希望の性別が中々受精しないや滞在方法やその他費用によっては非常に高額となってしまいます。 言葉の壁医療技術の違い文化の違いによるトラブルも懸念されます。 突然着床前診断による産み分け法が禁止になる可能性もあります。

タイでは最近まで着床前診断による産み分けは可能でしたが、2014年に違法となり着床前診断による産み分け法が出来なくなりました。 情報にも敏感になる必要があります。

体外受精を始める前に試してほしい産み分け法

pregnant-1561764_1280_1

確実な方法で産み分け出来る体外受精ですが、渡航費用や言語問題、文化の壁など様々な懸念材料が有りますよね。

それを解決前に試して頂きたいおすすめの方法が実はあるんです! 産み分けゼリーって聞いたこと無いですか? 現在では簡単で産み分けの確率が高いとされる方法で精子の染色体の性質を利用して産み分けをする方法です。

始める方法も非常に簡単旦那さんへの負担も少ない方法なんです。 産み分け法となると旦那さんへの負担から喧嘩になってしまったりとか、やめてしまうなんて事も多く聞きます。 せっかく幸せになる為に始めようと思った産み分け法なのに喧嘩になっては本末転倒ですよね。
そういった部分もあり産み分けゼリーがおすすめです。

産み分けゼリーってどうやって使うの?

産み分けゼリーの使用方法は非常に簡単です。 産み分けゼリーが入った容器(タンポンの様な)を膣内に入れて中で産み分けゼリーを注入するだけです! 注入後に通常通りの性交渉をするだけなので負担は一切ありません。

食事制限等他の事も一切する必要はありませんし 今まで通り普段通りの生活で大丈夫なんです。
面倒な基礎体温やその他何にも必要ありません。
だから手軽に始められる産み分け法として選ばれています。 1回2000円以下なので経済的負担も殆どありません。 現在では産み分け方法の主流になっている産み分けゼリーで幸せな産み分けライフ試してみませんか?
徹底比較!今話題の産み分けゼリー