コラムをさがす

キーワード:

パーコール法 治療以外にかかる費用と本当の成功率

産み分け法をして男の子が欲しいや女の子が欲しいと思って頑張っている方も多いと思います。 その中でも女の子を産み分ける方法のパーコール法と言うのはご存知ですか?
パーコール法の本当の成功率や治療以外にかかる費用についてご紹介しますね。

パーコール法って何?何処で出来るの?

パーコール法と言うのは、人工授精の方法の一つです。

日本の医療機関で唯一行われている人工授精による産み分け法となります。 日本産婦人科学会で2006年4月までは禁止されていた比較的新しい産み分け法です。

現在では重篤な遺伝性疾患の危険性がある患者さん以外でも活用でき、産み分け方法として使用する事が可能です。
ただ、注意点として間違えてはいけないのが、日本産婦人科学会はパーコール法にて重篤な副作用が起こった事例がないので安全性に問題がないとしているだけで、産み分け方法として容認をしている訳ではないです。
法的には禁止されていませんので、医療者に裁量権を委ねています。 この事から、現在では産み分け法としてパーコール法を用いている医療機関もあります。

パーコール法はどんな方法なの?

パーコール法とは、基本的には不妊治療に用いられる体外受精と同じですが、受精させる為の精子の採取の仕方が違います。

お父さんの精液を採取して、パーコール液に入れます。 このパーコール液を使用するのでパーコール法といいます。

パーコール液に入れた精子を遠心分離機と言う特殊な機械によって、染色体を男の子の染色体と女の子の染色体に分離する事が出来ます。 男の子になる精子と女の子になる精子では、重さが違う為この性質を利用した方法です。
女の子になる精子は重たいので下に溜まった精子を採取して受精させると女の子が産まれやすくなります。

パーコール法での産み分けの成功率は?

05 パーコール法の方法を理解すると成功率100%と思いがちですが、実はそこまで高くありません… 実際の成功率は60%前後とされています。

60%前後?と言うと自然妊娠で希望の性別が産まれる確率が50%となりますので、そこまで過信してはいけませんね。 自然妊娠より少し女の子が産まれる確率が高い程度にお考え下さい。
但し、成功事例としての統計学としてデータは乏しいので参考程度に考えた方が良いですね。
化学的根拠も乏しく今後に期待したいですね。

パーコール法の良い所と悪い所は?

パーコール法の良い所は、日本の人工授精では唯一可能な産み分け法です。
日本では着床前診断等の産み分け法が禁止なので不妊治療をされている人には嬉しい方法ですね。

悪い所は、パーコール法行ったとしても、女の子が産まれる確率が100%ではなく60%程度な事。 必ず妊娠する訳ではない事が挙げられます。

治療にかかる費用はパーコール法だけで1回5万円程度かかります。 その為、受精(妊娠)するまでに何回も行わなければならず費用がかさむ場合があります。

パーコール法以外に掛かる費用は?

体外受精によるパーコール法以外に掛かる費用としては、人工授精費用や排卵誘発剤等の様々な費用や、注射手数料、処方料等もかかります。
これらはパーコール法の1回5万円程度の費用とは別でかかりますので覚えておきましょう。
5万円だけで出来ると思って医療機関に行って驚く事のない様に。

パーコール法より費用が掛からずに高確率の方法はないの?

パーコール法より高確率で簡単な方法はあります。 今話題の産み分けゼリーを使った産み分け法です。

費用も1回2,000円以下で始められる今主流の産み分け法です! 産み分けゼリーを使った方法も精子の性質を利用して行う方法となります。

パーコール法は精子の比重による選別方法ですが、産み分けゼリーは精子のアルカリ濃度への強さによって選別する方法です。

使用方法も簡単で性行為の際に膣内へ産み分けゼリーを注入するだけなんです。 産み分けゼリーの注入も簡単でタンポンの様な容器での注入で負担なく出来ます。

何といっても旦那さんに負担が全くないのが皆さんが始められるきっかけ第1位です。 旦那さんに負担のある方法ですと上手くいかなかったり、場合によっては喧嘩になってしまい、幸せになる為の産み分け法なのに本末転倒です。
産み分けゼリーは容器も使い捨てで衛生的で安全な高確率な方法です。
今からすぐにでも始められますので試してみる価値はありますよ!
徹底比較!今話題の産み分けゼリー