コラムをさがす

キーワード:

失敗から学ぶ!産み分けの成功率を上げるための準備とは

男の子や女の子など、特定の性別の子供が欲しいときに行う産み分け。 この産み分けは、現在3人に1人が実践していると言われていて、その7割前後の方が望んだとおりの性別の赤ちゃんを授かっているというデータがあります。
この成功率ですが、失敗してしまった方のお話から事前の準備で上げることが出来るということが分かりました。
その事前準備とはどのようなものなのでしょうか。

産み分け方法について

まず、これから実施する産み分けの方法について簡単に確認します。 最もメジャーな自然妊娠の産み分けは、排卵日や精子の酸性濃度への耐性や寿命を利用した方法です。

女性の膣は、排卵日や性的な興奮を感じた時、通常時と酸性濃度が変わります。通常時には、膣は酸性なのですが、排卵や性的興奮を感じた時にはアルカリ性の粘液が分泌されるために膣内の環境が中性からアルカリ性へと変わるのです。 これがなぜ大事なのかと言いますと、
子供の性別情報は精子にあって、男の子になるものと女の子になるものですと得意な酸性濃度がそれぞれ違ってくるのです。
女の子になるX精子は酸性に強く、男の子になるY精子はアルカリ性に強いという性質があります。

【写真】科学的根拠に基づく現在の産み分け法「産み分けゼリー」

また精子の寿命は、X精子は2~3日は元気に動きますがY精子は1日程度で動かなくなってしまいます。 そういった特徴を踏まえて、セックスをするタイミングや女性の性的興奮の有無に気をつけることで男女の産み分けは可能になります。

下の表はセックスのタイミングと濃淡についてまとめたものです。 %ef%bd%92%ef%bd%92%ef%bd%92

また、産み分けをする際には、精子の特徴を更に理解することで成功率はアップできます。下の表は、精子の特徴に基づいてお父さんが日常生活で気をつけるべき事項をまとめたものです。 %ef%bd%84%ef%bd%86%ef%bd%84

産み分けに失敗するケース

産み分け方法を見てみると、意外にシンプルですので簡単に実行できそうです。ところが、実際は3割近くの方が失敗してしまっています。

産み分けの失敗原因はどのようなものだったのでしょうか。

多くの方の場合、失敗の原因は次の3点になります。

・排卵日の予測が甘かった

・セックスの濃淡の失敗

・夫に協力してもらえなかった

それぞれの原因について詳しく見ていきましょう。

排卵日の予測が甘かった

排卵日の予測は、毎朝布団の中で体温を測ることで行います。生理と生理の真ん中くらいの低温期の終わりごろに、体温が更に一時的に下がることがあります。それが排卵日です。排卵があるとその後は体温が上がる高温期に入ります。

婦人体温計を使っているときには動けませんので、忙しくて測っていられないとか、毎朝体温を測るというのは手間だとかの理由で排卵日の予測が困難な方は多いです。

また、生活が乱れていて生理不順になってしまっていると、毎朝体温を測っても排卵日の予測は出来ません。

セックスの濃淡の失敗

セックスの時にどれくらい濃厚にすれば良いとか淡泊にすれば良いとかいうのは、残念ながら個人差があるために指標はありません。1人目を出産後濡れにくくなってしまったという方も多いでしょう。 産み分けをしていて意外と不安になるのがセックスの濃淡なのです。

夫に協力してもらえなかった

産み分けをするには、お父さんの精子の状態が大きく影響します。
前述のように仕事やお風呂、嗜好品までもが精子の運動量を左右するからです。 ですから、産み分けをしたい時にはセックスの内容だけでなくお父さんの日常生活に気をつけるためにも協力は不可欠です。

ところが、日常生活を変えてまでして子供を産み分けたいという男性は少なく、産み分けに協力してもらえず失敗することも多いようです。

産み分けをする前にまずチェック

産み分けの失敗例から、産み分けをする前にチェックしておきたい事柄が3つあるということが分かりました。 ○産み分けができる体なのか

○夫(お父さん)が協力をしてくれるか

○心身の余裕があるのか

そのチェックポイントを詳しく見ていきましょう。

産み分けができる体なのか

まずは産み分けが出来る体なのかを確認しましょう。 生理不順ですと排卵期の予測が正しくできませんので、その場合は 規則正しい生活や栄養を摂ることで改善する必要があります。

また、産み分けをする場合には妊娠出来る状態なのかが大前提になります。
産み分けをするときには特定の日以外はセックスをしないか避妊をするようになりますので、妊娠の確率は下がることになります。
高齢の場合や婦人科系の疾患がある場合には、先にお話した自然妊娠による産み分けよりも人工授精による産み分けの方がおすすめの場合もありますので、病院の先生と相談してみましょう。

夫(お父さん)が協力をしてくれるか

産み分けは、お母さん一人が頑張っても中々成功しません。 体温の計測や日常生活の改善などを長期間にわたって行わなければならず、根気が必要になります。

ですので、まずは夫婦できちんと話し合ってサポートし合えるようにしましょう。 特に、今までの習慣を変えなければならない場合にはかなりのストレスが溜まります。産み分けが原因で夫婦関係が悪くならないように気をつけたいですね。

心身の余裕があるのか

産み分けを希望される方の多くは、2人目以降だと言われています。そのため、ほとんどの方は毎日の子育てで忙しい中で産み分けを行うことになります。 その時に心や身体に余裕がなければ、産み分けの成功は難しくなります

女性はストレスや疲労が溜まると生理周期が乱れてしまったり、膣内環境が乱れて通常時でもアルカリ性に傾いてしまったりすることが分かっています。女の子が欲しいという時には特に気をつけたいですね。

産み分けを成功させるために

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-7

産み分けを成功させるための道具もあります。

それが 産み分けゼリーです。産み分けを考えている方ににわかに話題になっていますので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

先程の失敗のケースで、セックスの濃淡や排卵日の予測が上手くできていないことで膣内の酸性濃度の調整が出来ずに失敗してしまったという話を思い出していただきたいのですが、そういった時に産み分けゼリーは大変効果的なのです。

産み分けゼリーは、酸性やアルカリ性に膣内を一定に保つという働きをするためです。事実、産み分けの成功率は7割程度だと言われていますが、産み分けゼリーを使用した成功率は8割以上に跳ね上がります。

また、お父さんからの協力を得にくいという場合にも、産み分けの成功率を上げるために頼られる方が多いようです。産みたい性別の精子の活動量や数が劣勢でも、膣内の環境を整えるだけで可能性は高まるからです。 また、産み分けゼリーを使うことで自信が持て、『上手くいかないのでは』というストレスが解消されたという声も多いです。

この産み分けゼリーは、ドロっとしたオイルみたいな液体で出来ています。それをセックスの前に膣に直接注入するのです。 痛みもなく手軽にできる高確率の産み分け法で、病院でもおすすめされているのがこの産み分けゼリー。人気がでるのも納得というものです。
産み分け前に準備をしてみて、もしも不安が残っているようでしたら、産み分けゼリーの使用も視野に入れてみると良いと思います。
徹底比較!今話題の産み分けゼリー