コラムをさがす

キーワード:

2人目より高確率?失敗例から学ぶ3人目の赤ちゃんの産み分け

これから産む赤ちゃんの性別を自分で決められたら、と思いませんか?

「育てやすそうだから」
「かわいいから」
「自分と同じ性別の赤ちゃんが欲しい」
など、赤ちゃんの性別を希望する理由は様々だと思います。

そんな願いを叶える方法を産み分けと言います。

2人目の赤ちゃんと3人目の赤ちゃんの性別

産み分けを希望する人は、1人目よりも2人目、2人目よりも3人目、と増加する傾向にあります。

これは、「2人目まで男の子(女の子)だったから、今度こそ女の子(男の子)を」 と望むお母さんやお父さんが多いためです。
今まで育てていなかった性別の赤ちゃんを1人くらいは育ててみたいですものね。

日本における産み分けの成功率はおよそ7割と言われています。 「2人目の時に産み分けに失敗してしまったけれど、3人目こそは」 と考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、

「もうすでに2人子供がいるし、もしまた失敗してしまったら」
「自分には男の子(女の子)しか産められないのではないか」
と不安になってあと一歩を踏み出せないという方もいらっしゃることでしょう。

しかし、産み分けは1人目より2人目、2人目より3人目の方が成功しやすいのをご存知でしょうか。
それは 日常生活を見直したり失敗を活かしたりすることが出来るからです。

例え7割の成功率と言われる産み分けの方法でも、正しく行われていなければ失敗してしまうことは意外にも多いのです。 ここでは、そんな産み分け方法の失敗例を振り返ることで、正しい産み分けをするためにはどうすれば良いのかをまとめました。

産み分けの失敗例

それでは、産み分けの失敗例をいくつかご紹介しましょう。

1.排卵日に係わる失敗

排卵日のセックスは男の子が産まれやすく、その2~3日前のセックスでは女の子が産まれやすくなります。 ですから、産み分けをしたい時にお母さんがまずしなければならないのが排卵日の把握です。
ですが、その排卵日の把握で失敗してしまうということも多いです。

・排卵日の把握が難しい!

妊活をしている方の大半が行っている毎朝の体温チェック。
お布団の中に入ったまま婦人体温計で体温を測るのですが、忙しい朝に中々実施が出来ないという方もいるのも事実です。

・生理周期が不定期で…

生理周期が元々固定ではない、という方は、実は結構いらっしゃいます。

また、生理周期はセンシティブでストレスや疲労でも遅れてしまうことがあります。 対処法としては、ストレスをなるべく溜めず、良く休むようにすること、正しい生活リズムでバランスの良い食事を採るように心がけましょう。

生理周期には女性ホルモンが深く関係していますので、 大豆製品などを積極的に採るようにしましょう。

・数日前、が難しい!

生理周期は思いがけず変わってしまうことがあります。 男の子を産みたい場合には排卵日の当日にセックスをすれば良いので体温が跳ね上がった日を目印にすれば良いのですが、女の子が欲しい場合の2~3日前という期間は生理周期がずれてしまうことで外れてしまうこともあります。

生理周期は思いがけず変わってしまうことがあります。
男の子を産みたい場合には排卵日の当日にセックスをすれば良いので体温が跳ね上がった日を目印にすれば良いのですが、女の子が欲しい場合の2~3日前という期間は生理周期がずれてしまうことで外れてしまうこともあります。

女の子の産み分けに重要なのは精子の寿命です。
男の子の遺伝子を持つ精子(Y精子)と女の子の遺伝子を持つ精子(X精子)の寿命はそれぞれ24時間と48~72時間とタイムラグがあり、排卵前に子宮に生きた精子が留まって待ち受けることで女の子の産み分けが可能になります。

排卵日が予想外に早まってしまった場合にはY精子が生きたまま子宮に留まってしまっていることもあり、産み分けの失敗につながるのです。 これは女の子の方が産み分けが難しいと言われている所以でもあります。

2.セックスのミス

産み分けではどのようなセックスをするのかということも気をつけなければなりません。 女の子が欲しい時には浅めの射精で淡白なセックスを、男の子が欲しい時には深めの射精で濃厚なセックスをすることが望ましいです。

・感じないように…が難しい!

セックスの強弱が大切な理由は、女性が性的な興奮を感じた時に分泌する粘液の酸性濃度(pH)とその酸性濃度への精子の耐性が重要になることにあります。

普段膣の中は弱酸性になっていますが、この粘液はアルカリ性ですので粘液が分泌されることで膣内の環境は中和されてアルカリ性に寄っていくことになります。 この粘液は排卵日と性的な興奮を感じた時に分泌されます。
ですから女の子が欲しい時には淡白にしたいのですが、お父さんもお母さんもお互いに理解して行わなければならないことですので、中々難しいところでもあるようです。

・浅く射精しても中々妊娠できない…

浅めの射精をすると、子宮にたどり着くまで精子が泳がなければならない距離は長くなります。性的な興奮を抑えて浅めの射精をすることで、精子は弱酸性のままの膣を長距離移動しなければならなくなります。
そのため、酸性濃度耐性があるX精子だけが選別されて子宮にたどり着けるのです。

しかし、問題が。中々妊娠できないこともあるのです。
中には妊娠できないことで悩み、深めの射精をして赤ちゃんは出来たけど欲しかった女の子ではなかった、という方もいらっしゃいます。
長距離を泳がなければならない場合は精子にも負担がかかりますし子宮にたどり着く前に体外に排出されてしまうこともありますので、妊娠自体の確率は低下してしまいます。 気長に取り組むようにしたいですね。

3.精子に関する失敗

女の子が産まれるX精子と男の子が産まれるY精子。
これらの数や運動量の個人差はあるものの、お父さんの日常生活の過ごし方で左右されるということが分かっています。

・お父さんの嗜好品、中々我慢してもらえない!!

コーヒーに含まれるカフェインには、X精子の活動量を低下させY精子の活動量をアップさせる作用があることが分かっています。 ですから、なるべくなら女の子が欲しい場合にはお父さんには控えてもらいたい嗜好品です。

ですが、この中毒性のある飲料は、 「なければ困る!」 という方もいらっしゃいます。
お父さんとお母さんで産み分けに対して温度差がある場合は特に守ってもらえない可能性が高いです。女の子が欲しい場合には、 「セックスの前1時間はカフェインを採らないように」 ということだけは守ってもらうようにしましょう。

・セックスの頻度、疲れていてついつい少なく…

X精子とY精子の割合は、セックスの頻度で変わってきます。
精巣に精子が作られるとき、古い精子が多くなってくるとY精子が優先的に作られるため男の子が産まれやすくなることが分かっています。
反対に、週に2~3回はセックスをするという場合にはX精子もY精子も同数くらいになります。

ですから、
「女の子が欲しいのに、仕事で疲れていて頻繁にセックスが出来ず、頑張ったけど出来た赤ちゃんは男の子だった」 という失敗は多々あります。
女の子の赤ちゃんが欲しい場合、疲れている時には自慰でも良いので射精をするようにしましょう。

・職業のせいで男の子が産まれない…

日頃から電磁波を多く浴びる生活をしていると、Y精子の元気がなくなってX精子が受精しやすくなります。 特にパソコンを多く使うSEの方には女の子の赤ちゃんが多いということが分かっています。

とは言え、産み分けのために毎日のお仕事を変えるのは抵抗がありますよね。 せめてセックスの前数時間はあまり電磁波を浴びないようにしたいところです。

失敗から学ぶ、3人目の高確率な産み分け方法

失敗例はいかがでしたか。
「2人目の産み分けに失敗してしまった」
という方には特に思い当るところがあったのではないでしょうか。

ご覧のように、産み分けにはかなりの手間がかかります。そのため、失敗してしまうこともあるのは仕方がないとも言えます。
ですが、手間をあまりかけないで先程上げた失敗例のほとんどの問題を解決する方法もあるのです。 それが産み分けゼリーを使う方法です。

産み分けゼリーはセックスの前に膣に挿入するオイルのようなもので、膣内の環境を希望する性別の精子が子宮にたどり着きやすいように整えることを目的とした産み分け用品です。

排卵日当日のセックスでも産み分けゼリーの女の子用を使えば女の子が産まれやすくなりますし、淡白なセックスでも産み分けゼリーの男の子用を使うことで男の子が産まれやすくなるのです。

食用の原材料(クエン酸など)を使用しているため体に影響もなく、妊娠の確率が下がるということもありません。
そして、驚くのがこの産み分けゼリーを使用した場合の産み分けの成功率です。
なんと79.9%が希望する性別の赤ちゃんを産み分けることが出来たという実績があるのです。 膣にオイルを注入するだけなのにこんなに高確率で産み分けが出来るなんてすごいですよね。

2人目の時よりも、より環境を整えることで3人目の産み分けは高い確率で成功させることが可能です。少しでも高い確率で産み分けにチャレンジしたいという方、産み分けゼリーは十分お試しの価値がありますよ。
徹底比較!今話題の産み分けゼリー