コラムをさがす

キーワード:

3組に1組の夫婦が実践する安心・安全な赤ちゃん男女産み分け法とは

「女の子を育ててみたい」「男の子が欲しい」というような望みは多くの方が持っています。

第1子では
「健康に産まれてきてくれたらそれで…」
と思っていても、2人目以降は
「この性別の子供が欲しい」
と思ってしまうものです。

そんな方のうち、3人に1組のご夫婦が実践している産み分け方法があるのをご存知でしょうか。それは、”産み分けゼリー”を使った方法です。

産み分け方法自体は多くの方法がありますが、なぜこれほど多くの方が産み分けゼリーを使った産み分け方法を実践しているのでしょうか。

ここでは、その理由についてお話していきたいと思います。

どうして産み分けゼリーを選ぶの?

産み分けゼリーを選ぶ方は次のようなメリットを感じている方が多いようです。

・科学的な根拠があって信頼できる方法だから
・成功率が高いから
・手軽だから
・安全だから

なぜ産み分けゼリーにはこれほどメリットがあるのでしょうか。それぞれのメリットの理由について詳しく見ていくことにしましょう。

科学的な根拠があって信頼できる方法だから

01

世の中には多くの産み分けがありますが、科学的な根拠がある産み分けというのは実はとても少ないのです。

何を食べたから男の子だとか、何を飾ったら女の子だとか…。産み分けには占いのようなものまであります。

しかし、こういった科学的な根拠がない産み分け方法はどれも「それだけを信頼して産み分けをするのはちょっと…。」という方が大多数を占めているというのが現状です。

そんな中、子供の性別が決定されるメカニズムを上手く利用した方法である産み分けゼリーを使った産み分けは多くの方から支持を得ています。子供の性別は性別の遺伝子情報を持っている精子が卵子と受精することで決まります。

その受精する前の段階で、子宮に辿りつく精子を産みたい性別になる精子だけに絞りこむことで産み分けをすることができるのです。

「どうやって絞り込むの?」ということですが、それは精子がどんな環境で元気に活動してどんな環境で弱まるのかといった特徴を利用することで可能になります。

産み分けゼリーが利用する方法は精子の酸性濃度への耐性。男の子や女の子になる精子は染色体が違いますので、次のように酸性やアルカリ性に対する抵抗力が違うということが明らかになったのです。

・女の子になる精子:酸性に強く、アルカリ性に弱い
・男の子になる精子:アルカリ性に強く、酸性に弱い

産み分けゼリーは、精子が子宮に至る前の段階で必ず通る膣の環境を『産みたい性別の精子が強い環境』に人工的に整えるために使います。

そうすると産みたい性別の精子だけが活発に活動して子宮に辿りつき、産みたい性別ではない精子は弱まって自然に体外に排出されることになるのです。

成功率が高いから

産み分けゼリーを使った産み分けは、実は自然妊娠で産み分けをする場合、最も高い確率で産み分けができる方法として知られています。

その成功率は、男の子の場合で81~84%、女の子の場合で70~80%。(※この数字は男の子の場合は排卵日当日、女の子の場合は排卵日の2日前にセックスを行うという”タイミング法”と併用した場合の数字になります。)

【写真】一番確率の高い産み分けゼリーは?

5人に4人は成功しているというのは、とても魅力的な数字ですよね。
自然妊娠での産み分けには、タイミング法以外にも膣の酸性濃度をセックスの濃淡で変えるという”酸アルカリ法”や女性の体力や感情によって決まるバイオリズムに合わせるという”バイオリズム法”もあります。

これらの方法は実は産み分けゼリーを使った時と同じように膣内の酸性濃度を精子に合った形にすることを目指した産み分け方法。ですが、自然な状況に任せているため、確実性には乏しく産み分けゼリーほど高い成功率にはなっていないようです。

そんな産み分けゼリーは、
タイミング法との併用やリンカルを使った産み分け方法などと併用することでさらに成功する確率が上がることが期待されています。
そのため、「せっかく産み分けを行うなら成功率が高い産み分け方法を試したい」という方に産み分けゼリーは高い評価を得ているのです。

手軽だから

産み分けゼリーは、直接酸性やアルカリ性の潤滑ゼリーを膣に注入するといった方法をとります。
そのため、セックスのタイミングを図らなくても良く、またセックスの濃淡を気にしなくても膣内の酸性濃度はちゃんと精子に合った形に保つことが出来ますので、一定の効果があると言われています。
そのため、生理不順な方ももちろんですが、仕事や家事・育児に日々追われていて「排卵予測なんてできない!」という方にも簡単に産み分けをすることができるのです。
また、入手方法がインターネットで簡単に購入できるというのも人気の秘密です。
病院でも扱っている商品ですが、専用サイトでは病院ですすめられているものと全く同じものを手に入れることが出来るのです。

ですから、
「病院に通うのはちょっと…。」
「スケジュールがいっぱいで…。」
という方も、病院と同じような産み分けをすることが出来るのです。産み分けは、今ではあまり否定的な意見を言うような方も減ってきましたが、それでもデリケートに感じてしまう方もいらっしゃることでしょう。

そんなときにもインターネットで購入できるのは嬉しいですよね。

安全だから

普通は、妊娠活動中には母体や子供への影響が現れるようなリスクは避けたいところです。「もし理想通りの性別の子供が産まれても障害が出てしまったら…。」と想像してしまうと、そんな産み分け方法は絶対とれないですよね。

そんな方にも、産み分けゼリーはおすすめされています。
産み分けゼリーは人工的に女性の膣の酸性濃度を弱酸性や弱アルカリ性に保つ効果がありますので、“人工的に”といった部分でちょっと不安に感じられる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ですが、膣の酸性濃度は生理周期やセックスの濃淡で弱酸性になったり弱アルカリ性になったりとめまぐるしく変化していますので、一時酸性濃度を一定にしたとしても母体にも将来産まれてくる子供にも何の負担もありません。

また、国産の産み分けゼリーの成分表記を確認してみても食用に使えるほど安全な成分(酢酸やクエン酸等)で酸性濃度を調整していますので安心ですし、産み分けゼリーは数時間~数日で膣内から全て出てきますから、「残ってしまってアレルギーとかになるかも…。」といったような心配もいりません。

こういった”体への負担のなさ”も病院で産み分けゼリーがおすすめされる要因の1つ。安全に産み分けをしたいという方も安心して産み分けができる方法なのです。

まとめ

ここでは多くの産み分け方法がある中、どうして3人に1人の方が産み分けゼリーを使った産み分け方法を選んでいるのかをお話しました。正直、『科学的な根拠があって信頼できる方法で、自然妊娠では最も成功率が高く、手軽で安全』と良いことだらけな産み分け方法なら「この方法で頑張ってみようかな」と思ってしまいますよね。

ですが、この産み分け方法にもデメリットはあります。

それは”購入しなければならない”ということ。
嬉しいのは産み分けゼリーはそこまで高くなく、1回あたり1500円~2000円程度で購入することができます(大抵セット売りです)。

産み分け方法を併用してリンカルやタイミング法で排卵日の特定にかかってしまう費用を考えると、1人産み分けをするのに数万はかかってしまうことになります。それでも、人工受精で産み分けるよりはよっぽど費用は抑えられるのですけれどね。

なんにせよ、”子供は天からの授かりもの”ですし、産み分けをしながらの妊娠活動となると更に妊娠の確率は減ってくることになります。

数ヶ月以上の長期戦が予想されますので、計画的に臨みたいところですね。
徹底比較!今話題の産み分けゼリー